PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

虚飾排する大切さ実感 視覚障害者に地理授業

静岡市駿河区 日蓮系単立妙音寺 丹治達義前住職

「視覚障害のある生徒に教えることで本質の重要性を教えられている」と話す丹治氏 「視覚障害のある生徒に教えることで本質の重要性を教えられている」と話す丹治氏

日蓮系単立妙音寺(静岡市駿河区)の丹治達義・前住職(45)は、視覚特別支援学校の社会科教諭でもある。目の見えない、見えにくい生徒と接する中で、虚飾を排し本質を伝えることの大切さを感じている。

担当する地理の授業では地図やグラフを使うことが多い。一般的な地図には県境や鉄道、山、川などが重ねて描かれるが、視覚障害者用の触地図は情報が絞られる。指で触って分かりやすいよう国境、県境だけ、山と川だけといった地図を作り、生徒はそれぞれのイメージを頭の中で合成する。

丹治前住職は筑波大で文化地理学を学び、立正大で僧階単位を取得。地理教育学を専攻していた筑波大大学院在学中、たまたま求人があった視覚特別支援学校に就職した。目が見えないと画像から情報を瞬時に得ることができず、特に地理教育では大きな障壁になると思われるが、実際に教壇に立つ丹治前住職は「教えることに変わりはない」と言う。

他教科では美術の時間は絵画でなく、彫刻を触って鑑賞したり制作したりする。仏像も許可が得られれば触って学ぶことができる。しかし日蓮聖人の曼荼羅本尊は平面。もし自坊で目の見えない人に曼荼羅本尊を伝えることになったら相当に困難だと想像する。

「文字に凹凸をつけて全体像を感じてもらったり、諸仏を点字で記したりすることはできる。でも漢字を見たことのない人に意味は伝わらない。一つ一つ時間をかけて説明していくしかない」

視覚特別支援学校教員の研究会の折、自坊を会場に仏教体験会を開いたことがある。見える人も見えない人もいたが、見えない人からよく聞かれたのが法具や所作の意味だった。

「例えば焼香するにしても、作法より何のためにするのかと問われる。目が見えない人にとって香を焚く炭はやけどの危険があり、目的を達せられるなら、ほかの方法はないかと当然考える。僧侶は行為の目的を説明する必要があり、それは教えの本質を考えることになる」と話す。

丹治前住職は視覚特別支援学校で教えるようになってから、虚飾を排するようになったという。「目の見えない人の前でいくら外見を飾っても意味がない。見られているのは内面」。現在、僧侶仲間と視覚障害者を寺に招いての勉強会を計画している。「当たり前の行為を一つ一つ考え直すきっかけに」との思いだ。目が見えないからこその視点を通じ、本質を見極め僧侶のあるべき姿に立ち返ろうとしている。

(有吉英治)

ケアする人、される人の枠を超えた「人と人の付き合い」が大切と語る佐野俊也住職

自然資源生かし「農福連携」 傾聴喫茶 地元と運営

5月17日

北海道えりも町と近隣自治体の宗教者や医療関係者らでつくる「カフェデモンクえりも」の代表を務める。月に1度のサロンをはじめ、地域の自然資源を生かした「農福連携」の活動など様…

「ハート形の猪目の窓は写真スポットとして人気」と話す廣部住職

荒れた近江商人宅復興 15年かけ改修、博物館に

5月8日

天台宗教林坊(滋賀県近江八幡市)の廣部光信住職(53)が、約40年間空き家だった近江商人・松居久右衛門の旧宅(1814年築、同県東近江市)を初めて訪れたのは2008年のこ…

「おもてなしの心が大事」と語る天野住職。右奥が宿坊「櫻海」

寺再生、過疎地で宿坊 50年後も生き残れる

4月19日

京都府伊根町の海蔵寺で2022年12月から宿坊を始めた。宿坊を経営する曹洞宗寺院としては関西唯一で「過疎、高齢化の田舎にある寺だが、お寺の再生との思いでやってきた。工夫次…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加