PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

印の仏教復興に注力 協会設立し、弱者を支援

インド・天台宗禅定林 サンガラトナ・法天・マナケ住職

パンニャ・メッタ学園の生徒を前に法話するサンガ住職 パンニャ・メッタ学園の生徒を前に法話するサンガ住職

インド唯一の天台宗寺院として知られる禅定林(マハーラーシュトラ州バンダラ県)は、サンガ住職が9歳で来日して比叡山での15年間の修行の後に帰国し「インド仏教の復興」を志して1987年に開創した。同時にパンニャ・メッタ協会(PMS)を設立して仏教の精神で教育、医療支援など社会福祉活動にも取り組んでおり、その37年間の努力は着実に実を結び、現地に大乗仏教の教えが広がっている。

禅定林およびパンニャ・メッタ協会の活動は、日本の天台宗僧侶有志で組織するパンニャ・メッタ協会日本委員会(PMJ)に支えられ、一隅を照らす運動総本部などの支援を受けながら、パンニャ・メッタ子どもの家(孤児院)や貧困家庭の児童のための教育を支援するパンニャ・メッタ学園の運営をはじめ、地域の巡回医療活動も行っている。

今年2月、禅定林開創37周年と大本堂落慶17年の禅定林例祭法要が営まれた。法要には日本委員会の谷晃昭理事長(西光寺住職)、村上圓竜副理事長(覚王山日泰寺住職)、横山照泰・事務局長(比叡山行院長)、中島隆乗教化部長ら14人が参列。現地の参集者は過去最高の30万人で、17年前の大本堂落慶の時と比べ3倍に増えた。

日本からの参拝団一行は、法要の前後に支援先の施設などを訪問。行く先々で能登半島地震の募金が寄せられ、総額で7万5947ルピー(約13万7600円)となった。

サンガ住職によると「浄財は、貧しいながらも食事1食もしくは2食分を食べずに1ルピー、5ルピー、10ルピーを寄せてくれたとても有り難いものです」とのこと。大乗仏教、忘己利他の精神が現地に広がっている証しだという。

サンガ住職は1962年、インド・ナグプール出身。両親はヒンドゥー教徒(カーストはマハール)だったが、アンベードカル博士(1891~1956)に帰依し仏教徒に改宗した。博士の縁で9歳で日本に留学して堀澤祖門・泰門庵住職(現在は探題)のもとで修行、比叡山中高、叡山学院を卒業し、28歳の時に帰国した。

「2027年には禅定林開創40周年、大本堂落慶20周年を迎える。大本堂僧坊の増築や屋根の修理を予定しているが、伝教大師の教えを礎とした人を育てることに取り組んでいきたい」

(河合清治)

「法話も祈りも“心から”」でありたいと話す池尾新理事長

H1法話大会の新理事長 企画の認知向上へ奔走

6月7日

2年に1回、観客の前で法話を披露し「もう一度会いたいお坊さん」を選ぶ「H1法話グランプリ」実行委員会の新理事長に就任した。2025年12月頃に開催予定の次回大会に向けて準…

ケアする人、される人の枠を超えた「人と人の付き合い」が大切と語る佐野俊也住職

自然資源生かし「農福連携」 傾聴喫茶 地元と運営

5月17日

北海道えりも町と近隣自治体の宗教者や医療関係者らでつくる「カフェデモンクえりも」の代表を務める。月に1度のサロンをはじめ、地域の自然資源を生かした「農福連携」の活動など様…

「ハート形の猪目の窓は写真スポットとして人気」と話す廣部住職

荒れた近江商人宅復興 15年かけ改修、博物館に

5月8日

天台宗教林坊(滋賀県近江八幡市)の廣部光信住職(53)が、約40年間空き家だった近江商人・松居久右衛門の旧宅(1814年築、同県東近江市)を初めて訪れたのは2008年のこ…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加