PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

H1法話大会の新理事長 企画の認知向上へ奔走

奈良県生駒市 真言律宗長弓寺円生院 池尾宥亮住職

「法話も祈りも“心から”」でありたいと話す池尾新理事長 「法話も祈りも“心から”」でありたいと話す池尾新理事長

2年に1回、観客の前で法話を披露し「もう一度会いたいお坊さん」を選ぶ「H1法話グランプリ」実行委員会の新理事長に就任した。2025年12月頃に開催予定の次回大会に向けて準備を進めている。

超宗派の若手が集まり10分以内に法話を披露するこの企画は6年目を迎え、年々知名度を増してきた。グランプリを選ぶのはあくまで「方便」で、宗派の教義に沿った正統な法話を展開する。

後援依頼では行政との折衝も経験した。公的機関の会場借用は政教分離の観点から制限が多いことなど、社会の中での宗教の立ち位置を知った。また企画に携わったことで他派の僧侶らとの交流も生まれた。

師と弟子、先輩と後輩の関係が厳格な仏教界ではH1は「イロモノ」として見られることもあり、登壇者を集めるのに苦戦する年もある。若手の僧侶からは「参加してみたいが師僧や周囲の目が気になる」などの声が聞かれるという。取り組みを理解してもらいたいと、各宗派の布教師会などで指導をしてきた年配の布教師からの意見も集めたいと考えている。

昨年は法話の話者を会場の画面に映し出し、字幕を同時に表示するシステムを開発した。耳の不自由な人にも広く開いていこうと挑戦を続けている。

自坊は奈良県生駒市の真言律宗の古刹。本堂は同市で唯一の国宝建造物だ。自身は関西の私大を卒業後、高野山の専修学院で修行。大本山清荒神清澄寺(兵庫県宝塚市)で坂本光謙法主の下で天堂番として仕えた。

坂本法主は法務を生活の中心に据えて厳格に体調管理をし、365日修法を欠かさないという。

「『皆のおかげで拝ませてもらえている』と感謝の言葉をもらった。僧侶人生の始まりに、その後ろ姿を日々拝ませていただいた。この3年間が自身の僧侶としての基礎となっている」と話す。

法話に励む一方で、真言僧にとっては真摯に拝むことが重要だと考える。真言宗の各山から高僧が出仕して営む後七日御修法にも、役僧として2度出仕した。

大学卒業後に徒歩で四国遍路に挑んだ際、ある篤信の女性が車で追い掛けてきて「お接待」を手渡してくれた。僧侶には祈りが託されていると強く実感した経験だった。

「法話も祈りも形だけではなく“心から”であることが大事ではないか。国家や皇室の安泰、人々の毎日の安寧も祈りたい」と話す。

(磯部五月)

パンニャ・メッタ学園の生徒を前に法話するサンガ住職

印の仏教復興に注力 協会設立し、弱者を支援

5月31日

インド唯一の天台宗寺院として知られる禅定林(マハーラーシュトラ州バンダラ県)は、サンガ住職が9歳で来日して比叡山での15年間の修行の後に帰国し「インド仏教の復興」を志して…

ケアする人、される人の枠を超えた「人と人の付き合い」が大切と語る佐野俊也住職

自然資源生かし「農福連携」 傾聴喫茶 地元と運営

5月17日

北海道えりも町と近隣自治体の宗教者や医療関係者らでつくる「カフェデモンクえりも」の代表を務める。月に1度のサロンをはじめ、地域の自然資源を生かした「農福連携」の活動など様…

「ハート形の猪目の窓は写真スポットとして人気」と話す廣部住職

荒れた近江商人宅復興 15年かけ改修、博物館に

5月8日

天台宗教林坊(滋賀県近江八幡市)の廣部光信住職(53)が、約40年間空き家だった近江商人・松居久右衛門の旧宅(1814年築、同県東近江市)を初めて訪れたのは2008年のこ…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加