PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

墓継承難解決の納骨壇 京都唯心庵

産業2024年3月15日 09時02分
コンパクトが特徴の常楽塔。寺院に荘厳な納骨環境を実現 コンパクトが特徴の常楽塔。寺院に荘厳な納骨環境を実現

仏具の企画・製造販売を手掛ける京都唯心庵(京都市下京区)は、少子化や核家族化が進んで墓・供養の継承が難しくなる中、この問題を解決するため、1人1基の分骨式の納骨壇「常楽塔」を提案している。利用者の「お墓(供養)の継承ができなくなった」、寺院側からの「適切に解決する方法はないものか」との要望に対応するもので「家単位ではなく個人単位の永代供養」をコンセプトにした画期的な納骨壇だ。(詳細は2024年3月8日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

定番2種を詰め合わせ

定番2種を詰め合わせ 薫寿堂

4月18日

「お客様を貴び、薫りを愛する」という意味の「貴客愛薫」をモットーに、昨年創業130周年を迎えた兵庫県淡路市の薫寿堂。同社を代表する二つの線香「花琳」「ルビー宝」を初めてア…

充電式「ひとたき香炉」

充電式「ひとたき香炉」 香老舗松栄堂

4月18日

香老舗松栄堂(京都市中京区)は、お香を温めて香りを楽しむ充電式電気香炉「ひとたき香炉 こづつ SARA」を発売した=写真。 ボタンで温度を調整すると、手元での繊細な香りや…

3社で「香り博」開催

3社で「香り博」開催 鳩居堂・松栄堂・日本香堂

4月17日

鳩居堂・松栄堂・日本香堂の3社は、日本の香り文化を楽しむ回遊型イベント「香り博」を、東京と京都の各3店舗、計6店舗で催す。期間は12日から5月12日まで。 初開催となる今…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加