PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

長期化するガザ侵攻 宗教と平和が問われている(4月24日付)

2024年4月26日 09時02分

パレスチナでの戦闘が半年を超え多くの人命が失われ、ガザ地区の生活基盤は壊滅的な打撃を受けているが、なお戦闘は終結していない。イスラエルは、ハマスを壊滅させるための戦いであり自衛の戦争であると主張している。

しかし、3万人以上が殺害され、子どもや女性の死者も多い。ヨルダン川西岸でもイスラエル人の入植が進み、パレスチナ人を追い出し、居住している者も日常的に脅されるなど抑圧的状況が続く。シオニズムという植民地主義の帰結と見ざるを得ない。このような事態を国際社会が長期にわたって見過ごしているのは異様である。なかでも、米国が友好関係にあるイスラエルの暴力を抑えるどころか、逆に支えているのは驚く。

これに先立ち、米国は正当な理由のない2003年のイラク侵攻とその後の統治の失敗、01年からの軍事侵攻によって打ち立てたアフガニスタンの政権の崩壊と同地域からの撤退で威信喪失を重ねてきた。冷戦期以来、自由と民主主義を広め、人権を守るという大義を掲げることで、軍事力の背後に一定の精神的な影響力を保ってきた米国だが、21世紀に入ってそれは見る影もなく薄れてきている。

西洋近代が導いてきた自由と民主主義と人権の拡充は、宗教からの解放によってもたらされるという考え方がある。この考え方を世俗主義という。冷戦時代は米ソが代表する東西両勢力でこの考え方が力を持っていた。他方、近代文明の背後には西洋の精神的バックボーンのキリスト教があり、キリスト教を背後に持つ西洋文明が自由と民主主義と人権拡充を達成してきたとの見方もある。そのリーダーはキリスト教を背景にした米国だと受け止める人は多かった。

昨年10月以来パレスチナで進行する事態は、そうした米国の威信を失墜させ、世界の近代化を押し進めてきた西洋文明そのものの精神的基盤への疑いも強めている。攻撃的な植民地主義と世俗主義やキリスト教が切り離せないものだったという認識は強まっている。

キリスト教福音派ではユダヤ人によるイスラーム教徒排除を支持する考え方(キリスト教シオニズム)が有力だ。これは世俗主義の持つ攻撃性、キリスト教の攻撃性、さらには過去の諸文明を支えた諸宗教の持つ攻撃性にも疑いを投げ掛ける。中東での暴力と人権侵害を抑えることができない国際社会は、現代世界における宗教の在り方についても、解きほぐすことが容易でない難問に直面していると考えるべきだ。宗教界が平和のため今こそ応答すべきである。

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)5月17日

新型コロナウイルスのパンデミックが水を差したが、宗教者の国際交流は盛んになりつつある、といっていいだろう。日本国内でも海外から諸宗教の代表を招き、平和などを語り合う会合が…

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)5月15日

19世紀フランスの政治思想家トクビルの『アメリカのデモクラシー』は昔、学校で民主主義を学んだ時、よく耳にした文献だ。 「(米国は)地上のいかなる国よりも、また歴史に記憶さ…

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)5月10日

国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター(RIRC)が、開設25周年記念で昨年12月にミニシンポジウムを開催した。テーマは「正確な宗教ニュースをめぐって~AI時代を見据え…

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU

ニュース5月20日

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF

ニュース5月20日
奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会

ニュース5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加