PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

罪を未然に

〈コラム〉風鐸2024年6月26日 13時54分

学生時代、盗まれた自転車が見つかったと連絡が入り警察署に行った時、お巡りさんから鍵を二重にかけたりして盗難が起きないよう協力してくださいと言われた◆そして「警官は犯人を捕まえるのも仕事だけど、もっと大切なのは人が罪を犯さないようにすることなんです」と付け加えられた。田舎の駐在さんといった感じの朴訥とした人だっただけに、その言葉が強く記憶に残っている◆先日、僧侶による横領が明らかになった。長く一人で会計を担当し、チェック体制も整っていなかったという。当人の心に隙が生じていただろうことは疑問の余地がないが、緩みを抑える仕組みができていなかったのは残念だ◆僧侶の間では何事であれ性善説が前提になっていることが多い。しかし僧侶といえども人間。条件さえそろえば罪を犯してしまう。法華経には「十界互具」が説かれ、人の心に仏から鬼まで様々な世界があるとされる。犯罪は決して人ごとではない◆起こった犯罪への対応は、警察庁が発表する検挙率などではっきりと分かる。一方、犯罪を未然に防ぐ取り組みについては、どの程度の効果があったのか確認の取りようがない。しかし冒頭のお巡りさんのような人が地味な努力をしてくれているからこそ、私たちは罪に手を染めずに済んでいるはずだ。罪をつくらない環境をつくることの重要性を改めて思わせられる。(有吉英治)

麦酒賛歌

7月17日

風呂上がりのビールが何よりも心地よく感じられる季節を迎えた。まとわりつくような暑さや湿気を洗い流してさっぱりした直後、キンキンに冷やしておいた一杯をのどに流し込む。たまら…

公開性の拒絶

7月10日

活動実体のないバーチャルオフィスや秘書会社と呼ばれる会社が海外に存在し、そこを中継地としたインターネットによる詐欺商法が横行している。この極めて現代的な犯罪の根底にあるの…

次のステップ

7月3日

宗教教団にとって未信の人に対する有効な布教・伝道法の研究や実践は永遠の課題であろう。現に各教団で様々な「きっかけづくり」の取り組みが展開されている。ただ、その次のステップ…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加