PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

コミューン志向の若者たち 問い返される宗教の共同体

東京工業大教授 弓山達也氏

時事評論2023年11月22日 09時53分

昨年、本欄において福島県川内村で50年の歴史を有するコミューンの獏原人村について書いた。その後、コミューンの記録を集め、別の団体の訪問も実施した。その中で2回滞在しただけなので、あえて名称は書かないが、今世紀に入ってできた新しいコミューンを8月、11月に訪ねた。

コミューンに赴き、宗教学者だと自己紹介すると、「宗教」「学者」に引っかかる人がいる。「私たちは宗教ですか」「調べに来たのですか」と。しかし宗教の語源が「再び結びつける」だと説明すると、多くは「コミュニティー」という言葉や「何かを共有する共同体」と重ね合わせて理解してくれた。そして互いの、このコミューンを知ったり関わったりした経緯の話になる。

「前から宗教とコミュニティーって似ていると思っていた」と語る20代の女性は、エコビレッジの運営を目指してコミューンで1カ月スタッフをしていた。高校時代の挫折、屋久島でのエコビレッジとの出会い、病いの体験などを話してくれた。彼女の目指す「何かを共有する共同体」の「何か」とはアートで、それは狭い意味での芸術ではなく、料理や掃除など生活全般が入るという。そして寺院の作務や僧堂生活についての私の拙い話を興味深く聴いてくれた。

本願寺派で得度、大谷派の僧籍を持つという男性たちにも出会った。本願寺派の70代は、ヒッピー経験から最終的には自己への信仰と「お天道様が見ている」という倫理観を語ってくれた。大谷派の30代に見える料理や片付けが得意なコミューン1週間滞在者は、福祉に関わった経験から宗教の「救う/救われる」という構造を批判。能動態でも受動態でもない「中動態」、つまり「救われている」状態の重要性を説き、そのヒントがコミューンにありそうだと言う。

このコミューンはリーダーもルールもなく「お好きにどうぞ」をモットーにしていて、近年は「お金が消えた世界をつくる」を掲げて組織外に千人の支援者を獲得した。この主張に共鳴する10~30歳代がかくも多いのかと、かつて無所有を掲げて育児問題で社会的批判にさらされた日本最大のコミューン(ヤマギシ会)の事例を知っている者からすると驚きだった。

そしてそれ以上に、筆者が宗教研究者と名乗ったからかもしれないが、価値の源泉やつながりの原型としての宗教に、コミューン志向の比較的若い層が言及するとは思ってもいなかった。ただそれは現存する宗教団体への期待ではなく、むしろ過去にあって少し学ぶところはあるが、乗り越えるべきものという文脈でもあった。こうした志向性を宗教界が受け止めることができればとも感じた。

もちろん批判は宗教だけでなく教育にも向けられ、先の20代の女性は「学びの場では大人が楽しそうにしているのが大切」と語った。コミューンの子どもたちに紙芝居を見せにきた男性は「大人が笑うと子どもは、ここでは笑っていいのだと安心する」と言う。疲れた自分や同僚の顔を思い浮かべ、私たち教員は何を共有しようとし、どのような共同体を作ろうとしているのか、忸怩たる思いのコミューン滞在でもあった。

「奥深くて開けている」能登へ 西谷啓治の思想と震災復興の方向 伊達聖伸氏2月16日

元日に起きた能登半島地震から1カ月が経った。石川県内では1月末までに238人の死亡が確認されており、死因は圧死が最多ながら、凍死も30人以上で、寒空の下で救援を待っていた…

宗教界もビジョン2100を 挑戦する宗教者の出現期待 櫻井義秀氏1月24日

自然災害がいつどこで起きてもおかしくはない時代だ。能登半島の震災から2週間余が過ぎ、亡くなられた方のご冥福と被災者の生活復興を願う毎日である。 過疎地域に暮らす多くの人は…

時代変化への対応と訂正する力 新しい「領解文」問題に思う 稲場圭信氏12月13日

浄土真宗本願寺派の大谷光淳門主が本年1月、新しい「領解文」(浄土真宗のみ教え)を示した。浄土真宗において蓮如上人の時代から用いられてきた「領解文」だが、時代の推移とともに…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加