PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

大理崇聖寺フォーラムに参加して(2/2ページ)

臨済宗妙心寺派平田寺先住職・常葉学園大名誉教授 竹中智泰氏

2018年1月19日
四僧塔参拝

24日午後、崇化法師の特別の計らいで専用車を用意していただき、分科会の合間をぬって四僧塔へ参拝した。四僧塔参拝は大理を訪れる第二の目的であったから、このご配慮はありがたかった。四僧塔とは、明代初め、政変に巻き込まれた日本人留学僧4人がこの地に流され没したとされるが、その僧たちを大理の白(ペー)族の人びとが手厚く葬り建てた供養塔で、以後600年にわたり現在まで供養し続けている。ありがたいことである。塔は、人気テレビドラマ「天龍八部」の撮影に使われた天龍八部影視城という映画村の中にあり、高さ約6メートル、幅約3メートルの縦長のドーム状で塔上には雑草が生えているものの、当時のままの姿をとどめている。

映画村の入り口近くに車を止め、ドラマで使用された建物が幾つも並んでいる中を徒歩で約20分、映画村の一角にひっそりと佇む供養塔に到着する。故高倉健が整備のため1万ドルを寄付した話は有名で、いろいろな寄付金で賄われているのであろうか、きれいに整備された周囲には日本建築を思わせる建物も建てられていた。通訳の任さん、ボランティア学生の楊さん、運転手君に参列してもらって、私は袈裟を着け、焼香三拝して『大悲呪』一巻を読誦し、回向を唱えた。ささやかな供養であったが、供養を終えたあとは大理の空のように心が澄みわたり、しばし法悦を味わうことができたのはかけがえのない経験だった。

現代中国と仏教

フォーラム中によく耳にしたのは「人間仏教」(Humanistic Buddhism)というキャッチフレーズだった。今中国は国を挙げて仏教の興隆を行っている。それは各地の有名寺院の伽藍復興というハード面のみならず、人間の内面にむけて仏教思想の重要性を説くソフト面での政策にも及んでいる。このフォーラムもその一例である。真の狙いがどこにあるのかはまだ定かに理解できないが、人間性や人間の心の向上を国がリードして行っているという印象は強い。おそらく十数億という国民を抱える巨大国家をまとめていくために仏教思想が最も有効であるということではないかと思う。社会主義と宗教の共存ということが可能か否かは筆者の関心事ではない。「人が真に人として生きていく」ために仏教思想が求められるならば、一仏教者として大いにこれに賛意を表するものである。宗教に疎くなっているといわれる我が国もこの点では見習うものが多くあるのではないかと思う。

感染症をめぐる差別の歴史的構造 中川未来氏3月8日

産業革命後に発展した電信や蒸気船、鉄道といったテクノロジー、そして大陸や大洋間をつなぐインフラ整備により世界は急速に一体化が進みました。19世紀半ばから顕在化したグローバ…

成年後見制度は宗教にどのような影響を与えるのか 深水顕真氏3月2日

第三者が個人の法的な権利を代理する場合、従前の信仰行為はどのように担保されていくのだろうか。ここでは、昨年11月1日の第93回日本社会学会での研究発表をおこなった拙論「成…

現代日本社会と女性教師 丹羽宣子氏2月19日

現代日本社会は大規模な変化の只中にある。人口減少社会の到来や過疎化の進行は寺院の存続に密接に結びつく問題であり、家族構造の変化は儀礼のあり方を変容させ、儀礼典礼を執り行う…

慈悲心浅き世相 共感の輪を広げないと

社説3月5日

情報氾濫、狭まる視野 バランス取れた発信の大切さ

社説3月3日

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加