PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

両堂の意味を大切に

浄土真宗本願寺派 池田行信総長(70)

ひと2023年6月28日 09時53分
両堂の意味を大切に

5月31日に浄土真宗本願寺派総長に就任した。社会状況の変化に伴う影響や宗門の多くの課題が目立ってきた中で「つまずきの石は、踏み石にもなる。ポジティブに転換していける道を探っていきたい」と話す。

栃木県那珂川町にある慈願寺の住職で、「関東で浄土真宗はまだまだ浸透していない」と本山本願寺がある京都との感覚の違いを語った。

その上で仏教としての浄土真宗という視点に立ち、そこから浄土真宗を理解してもらう必要性を述べ「本山本願寺には御影堂と阿弥陀堂の両堂があり、御影堂は祖師信仰、阿弥陀堂は人類の課題に立つ普遍宗教を意味している。どちらも大切にするのが浄土真宗」と話す。

「両堂をトータルに見る教団(サンガ)論が十分でなく、両堂の意味の理解が進んでいない。そのため、宗本区分が十分に生かされているとは言えず、組織体系一つとってもまだ整理が行き届いていない」と宗門の課題を挙げる。

大きな課題である新しい「領解文」(浄土真宗のみ教え)について「私自身は(新しい『領解文』が)素晴らしいと思うが、いろいろな声が上がっていることは聞こえている。従来の領解文にも課題はあり、それを踏まえた議論が求められているのではないか」と話し「難しいことではあるが、現場のことにも配慮しながらご門主さまの消息のこころを具体化していく。祖師信仰と普遍宗教をバランス良く保つことで、人間の幸せや社会の問題にも目を向けて取り組んでいきたい」と抱負を語った。

(渡部梨里)

意見出し合える宗門に

浄土真宗本願寺派 荻野昭裕総長

4月24日

3月8日に浄土真宗本願寺派総長に就任した。新しい「領解文」(浄土真宗のみ教え)を巡る問題や賦課基準の見直しなど多くの課題を抱える中で「現場と密に連携し、一つ一つ対応してい…

法流守るために革新を

真言宗醍醐派総本山醍醐寺 壁瀬宥雅座主

2月16日

昨年12月8日に醍醐寺(京都市伏見区)の座主に就任した。今年11月の開創1150年慶讃法要に向けて「派手な記念事業があるわけではないが、法要の中身にはこだわりたい」と意気…

伝統継承、覚悟決め

天王寺楽所雅亮会 小野真龍理事長

1月24日

天王寺楽所雅亮会は和宗総本山四天王寺の「聖霊会」における奏楽・奉舞を担ってきた。1月からは新たに一般社団法人雅亮会となり、その理事長として雅楽の伝統を守り継ぐ。 小野妹子…

現状認識が重要 変わる国の安全保障政策(6月12日付)

社説6月14日

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加