PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

法流守るために革新を

真言宗醍醐派総本山醍醐寺 壁瀬宥雅座主(75)

ひと2024年2月16日 09時10分
法流守るために革新を

昨年12月8日に醍醐寺(京都市伏見区)の座主に就任した。今年11月の開創1150年慶讃法要に向けて「派手な記念事業があるわけではないが、法要の中身にはこだわりたい」と意気込む。

醍醐寺塔頭の理性院で生まれ育った。母の勧めで4歳からバイオリンを習い、中学からチェロ演奏にのめり込んだ。同志社大の学生時代にはアルバイトの演奏依頼がひっきりなしに舞い込むほど上達。「あの頃は一生チェロを弾いてやろうと思っていた」と笑う。

だが、寺の一人息子ということもあり、同志社大卒業後に種智院大に編入。祖父との縁で後の座主・岡田宥秀氏が師僧となった。「そらぁ怖い方でした。ただ師僧をお願いした時だけは優しかった。それまで音楽ばかりやってたんが気に入らんかったんでしょうな」

1982年から醍醐寺寺務所に奉職。仲田順和執行長時代に財務部長を務め、同氏の座主就任に伴い2010年から執行長に。竪義会や太元帥大法を再興させるなど古儀復興に尽力した。

復興に携わり、寺に残された膨大な古文書の重要性を再認識した。「革新的な試みを絶えず続けてきたからこそ千年以上も寺が持ちこたえてきた。法流は曲げることなく守り伝えなければならないが、そのためには様々な面で新たなことを導入する必要もある」

仲間と結成した合奏団が1997年から毎年続ける演奏会には今もチェロ奏者として出演。「楽器演奏は毎日練習を重ねることで本物になる。同じ真言を何千遍唱えるといった行を続けることで真理が芽生える密教の修行と何か共通するものがある」

(岩本浩太郎)

伝統継承、覚悟決め

天王寺楽所雅亮会 小野真龍理事長

1月24日

天王寺楽所雅亮会は和宗総本山四天王寺の「聖霊会」における奏楽・奉舞を担ってきた。1月からは新たに一般社団法人雅亮会となり、その理事長として雅楽の伝統を守り継ぐ。 小野妹子…

次の50年へ平和を願う

天台宗ハワイ別院 田中祥順住職

12月8日

開創50周年を迎えた天台宗ハワイ別院の第3代住職として11月に晋山した。2019年に荒了寛・初代住職と了周・第2代住職が死去するまで同別院は、日米文化交流などに取り組んで…

人材育成の重要性訴え

あじま左官工芸 阿嶋一浩代表取締役

11月10日

社寺建築、文化財建築の左官工事を手掛けるあじま左官工芸(東京都葛飾区)は1921(大正10)年頃の創業で100年を数える。神社仏閣に特化した分野を切り開いてきた阿嶋一浩・…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加