PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

信仰でつながる身延山と佐渡(2/2ページ)

新潟県立歴史博物館専門研究員 前嶋敏氏

2021年9月6日 09時12分

日蓮在世時から、身延山と佐渡は信仰によってつながっており、また往来があったことがわかる。

二 佐渡松ヶ崎住人菊池与右衛門妻くらの旅

二つ目として、江戸時代の事例から考えてみたい。

佐渡市・本行寺には、1824(文政7)年、本行寺檀徒で佐渡松ヶ崎住人菊池与右衛門の妻である「くら」という女性が身延参詣を行った時の御首題帳が伝わる。御首題帳は、信徒の霊場巡りにおいて、各寺院で御首題や御朱印を受け取り、それを帳面に仕立てて信仰の証とするものであり、そこにみられる御首題から、信徒の霊場巡りの様子をうかがうことができる。

そこでこの御首題帳をみると、くらは雑司ヶ谷法明寺(東京都豊島区)、池上本門寺(大田区)などを巡り、また甲斐では休息山立正寺(山梨県甲州市)、鵜飼山遠妙寺(笛吹市)、徳栄山妙法寺(富士川町)、妙石山懸腰寺(同)、身延山久遠寺(身延町)、七面山敬慎院(同)、西谷法雲坊(同)を訪れていることがわかる(望月真澄・身延山大教授「日蓮伝説と霊場の形成―佐渡・越後・甲斐―」前掲図録所収参照)。

さて、ここにみられる甲斐の寺院は、たとえば1852(嘉永5)年に刊行された『法華諸国霊場記』といった、法華霊場の案内書などにも記載されている。法華霊場の案内書とは、特に江戸時代後期ころ、法華霊場を巡る信徒が増えたことを受けて作成されるようになった、各地の法華霊場などを紹介する書物である。この記録から、くらの参った寺院が、霊場巡りにおける重要な巡拝先として知られていたことがうかがわれる。くらは事前にこうした情報を得て身延参詣を行い、信仰を深めていったのであろう。

日蓮の没後も宗団は広く展開し、また日蓮の事績は伝記や随筆や浮世絵の題材にもとりあげられて語り継がれた。そして、佐渡や身延山は日蓮の足跡が色濃く伝えられる霊場として全国に広く知られていった。江戸時代には、佐渡・甲斐を訪れる旅行者も数多く見られ、佐渡と身延山をつなぐ交通は、日蓮没後にも、その足跡を踏まえてさらに展開した。なおこれらの書物においても、佐渡と身延山は、日蓮ゆかりの霊場、また多くの人々が訪れる重要な巡拝先として記載される。日蓮の足跡を訪れる信仰の旅が行われるなかで、佐渡の人々も身延山を目指して旅をしていた。江戸時代の信仰の旅の視点からも、信仰を通じて佐渡が身延山とつながっていたことをうかがうことができる。

このような地域のつながりを踏まえて、日蓮の信仰の広がりについて、より理解を深めていく必要があるように思う。

なお本年は、日蓮生誕800年、佐渡入国750年という節目の年にあたる。そこで新潟県立歴史博物館・山梨県立博物館では、特に日蓮にゆかりの深い新潟県、山梨県において、あらためてその生涯を振り返り、また現在まで伝えられた法華経の信仰とその文化を展覧会として紹介することとした。

また日蓮の足跡のみならず、その教えを受け止めた人々や、その足跡の残る佐渡や越後、甲斐のつながりにも留意し、ここにとりあげた事例も含めて、信徒による信仰の旅をうかがわせる歴史資料も紹介している。この機会に足をお運びいただきたい。

「日蓮聖人と法華文化」展
新潟県立歴史博物館:7月17日~8月29日  山梨県立博物館:10月2日~11月23日

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

《浄土宗開宗850年③》『選択本願念仏集』廬山寺本の研究から見える法然教学の深化 春本龍彬氏2月2日

浄土宗の開宗について、『法然上人行状絵図』の第6巻には、「法然上人は、…ついに『一心専念 弥陀名号 行住坐臥 不問時節久近 念念不捨者 是名正定之業 順彼仏願故…』という…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加