PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

水墨の詩…傅益瑶著

2024年2月7日 10時44分
水墨の詩

著者は水墨画家で、中国・南京市の出身。中国近代画壇の巨匠・傅抱石を父に持つ。本書は、中国と日本の両国にわたる様々な師との出会いとその思い出を振り返るとともに、作品のカラー図版を数多く所収。著者初の作品エッセー集となっている。

父からの「日本には中国の伝統文化がより良い状態で保存されている。中国画の真価は、日本を通すことで、さらに磨き抜かれるに違いない」との言葉を胸に来日し、日本画の塩出英雄、平山郁夫らに師事。日本の祭礼をモチーフとした作品の制作や、比叡山延暦寺、三千院、鶴岡八幡宮、永平寺、善光寺など神社仏閣への襖絵・障壁画の奉納をライフワークとしてきた。

中国での日々、留学生としての第二の人生、水墨画の新たな可能性を求める歩み、の3部構成。どの地にあっても師を探し求め、師に仕える人生を送ってきたと著者は語る。後に天台座主となる半田孝淳との出会い、中国仏教協会会長の趙樸初から教示を受けた「誓願の力」などの逸話もつづられている。また作品制作を通した「悩みにぶつかり、もがき苦しんだ先に、思ってもみなかった気づきを得て、新たな自分自身となる。人は常にこの迷いから悟りへと至る過程を繰り返します」との境地も示されている。

定価2970円、鳳書院(電話03・3264・3168)刊。

『大無量寿経』読本1

『大無量寿経』読本1…北塔光昇著

6月13日

浄土真宗の根本所依の経典である『仏説無量寿経』を一般の人が分かるように解説した。ただ、この経典は内容が深く分量も多いことからこの後、数回の出版を予定する。 読本1は『大無…

神武天皇の歴史学

神武天皇の歴史学…外池昇著

6月12日

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古…

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」…片山恭一著

6月3日

「競馬の祭典」と称され全てのホースマンにとっての憧れの日本ダービーを牝馬ウオッカで、世界最高峰レースの一つドバイワールドカップをヴィクトワールピサで、国内外の数々の大レー…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加