PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

地震で被災 本尊、空海展に出陳 石川・珠洲の法住寺 奇跡的に無傷

2024年4月25日 09時30分
奈良博に展示されている法住寺の不動明王坐像 奈良博に展示されている法住寺の不動明王坐像

能登半島地震で被災した高野山真言宗法住寺(石川県珠洲市)の本尊不動明王坐像(重要文化財、鎌倉時代)が13日~6月9日に奈良国立博物館で開催中の特別展「空海KUKAI―密教のルーツとマンダラ世界」で展示されている。

同寺は元日の地震で鐘撞堂や灯籠などが損壊し、庫裏や堂宇の内部もモノで散乱した状態となったが、本尊は奇跡的に無傷だった。特別展への出展は地震前から決まっており、4月1日に寺から搬出された。

佐伯快紹住職(71)は「無事搬出してほっとした。ある程度余震が収まるまで奈良博に保管してもらう予定です」と話す。「余震の数は減ってきたが、時々起こることがある。建物はすでに幾度となく揺さぶられているので不安です」(詳細は2024年4月24日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU5月20日

ウクライナ正教会(OCU)は現地時間の11日、首都キーウのペチェールスク大修道院で主教評議会を開き、キリル・モスクワ総主教の「ロシア世界」「ロシアの平和」のイデオロギーを…

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF5月20日

米国国際宗教の自由委員会(USCIRF)は先頃、駐米ウクライナ大使に公式書簡を送り、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会(UOCーMP)の禁止を目的とした法案について、宗教…

奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会5月20日

10年に1度の本尊・厄除弘法大師大開帳を奉修している真言宗智山派大本山川崎大師平間寺(川崎市川崎区)で10日、密厳流遍照講の全国奉詠大会が開かれた。全国各地から64支部6…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加