PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

モノマネ通して仏教の魅力発信 みほとけさん(29)

ほっとインタビュー2024年4月19日 14時04分
モノマネ通して仏教の魅力発信 みほとけさん みほとけさん=1994年、神奈川県鎌倉市生まれ。大学在学中にアイドルグループに加入し「ミス鎌倉」としても活動。2018年にピン芸人としてデビューし、お笑いライブに出演するほか、様々なコンテンツを通じて仏教の魅力を幅広い世代に伝える。

広目天や阿修羅などの仏像になりきる「仏ものまね」や「ネタ」を武器に、テレビ番組や動画コンテンツ、SNSなどでマルチに活躍する。自身も「仏教を学ぶ側、仏像を拝む側」でありながら、それらの魅力を様々な人に伝えていくことの楽しさは「『仲間が増えた!』と感じる瞬間」にあると語る。

伊瀬若葉

仏教や仏像に興味を持ったきっかけは。

みほとけ 地元の鎌倉にはお寺が多く、母が観光案内所の仕事をしていたのでお客さんに案内するお寺を一緒に巡ることもあり、子どもの頃からなじみがありました。

高校生になり、修学旅行で見た京都・六波羅蜜寺の空也上人像のかっこよさやこちらに語り掛けてくるものに感銘を受け、そこから仏像にハマりました。それまではただ「ビジュアルが面白いな」という印象だったんですが、仏像の放つオーラや細部までこだわりが詰まっているところに感動したんです。

大学時代にはミス鎌倉としての活動の一環で、建長寺での大般若転読会に間近で参列する機会があったのですが、「こんなにもにぎやかで迫力があって、明るい法要があるんだ」と笑顔が止まらなくなって(笑い)。その時に建長寺の地蔵菩薩様も拝観し「仏像も法要もすごい、何だこの世界は⁉」と驚いて、仏教って面白いなと感じるようになりました。

そこからなぜ「ものまね」に?

みほとけ 拝観にたくさん通うようになったのはアイドルをしていた二十一、二歳の頃ですが、当時は何か自分の好きなものを追求していかなければという思いがあって。ものまねを始めたのも仏像が大好きだったというのが一番ですが、自分が見て面白い、かっこいい、かわいいと感じたことを自分なりに表現したらどうなるのかなと試してみた結果ですね。

ものまねはご自身で考えているんですか。

みほとけ 基本的には全部一人で考えています。やってみたい仏様が決まったら、家にある材料を使ってとにかく作ってみるんです。

ものまねに使えそうな素材やメイク道具は常に集めているので、割と何にでも「あの仏像の衣の部分に使えそうだな」とか考えてしまいます。

阿弥陀如来ならカーテン、天部は装飾が多いので段ボールやハンガー、造花。タマネギだったら如意宝珠だしニンジンなら独鈷杵、ゴボウなら……錫杖ですかね(笑い)。

ものまねに対する仏教界の反応は。

みほとけ まずは皆さん驚かれますね。ただ、頂くご意見からは私が本当に仏像が好きということがものまねを通…

つづきは2024年4月10日号をご覧ください

「WEターン」を提唱する哲学者 出口康夫さん

「WEターン」を提唱する哲学者 出口康夫さん

3月22日

「できること」を基軸にした西洋哲学の人間観に対する新たな立場として「できなさ」に焦点を当てた「WEターン」を提唱する。私単独の行為はあり得ず、全ては「我々(WE)」の行為…

仏教や日本の祭礼を描き続ける水墨画家 傅益瑶さん

仏教や日本の祭礼を描き続ける水墨画家 傅益瑶さん

2月21日

中国と日本、両国の文化や歴史、芸術への造詣を深めてきた。その傍らには常に父の言葉や教えがあり、多くの師との出会いを経て、自らの水墨画の技法を確立。東京都立川市にアトリエを…

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん

1月25日

全国こども食堂支援センター・むすびえを2018年に設立し、子ども食堂の普及に努める。子どもが主な対象の無料もしくは低額の食堂だが、様々な人が集まる地域コミュニティーの土壌…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加