PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

『中世禅籍叢刊』にみる聖一派の禅密思想 ― 中世禅の再考≪1≫(1/2ページ)

龍谷大非常勤講師 亀山隆彦氏

2018年10月3日
かめやま・たかひこ氏=1979年、奈良県生まれ。2013年、龍谷大大学院文学研究科仏教学専攻博士課程修了(博士〔文学〕)。その後、米国仏教大学院博士研究員を経て、15年から龍谷大非常勤講師および世界仏教文化研究センターリサーチ・アシスタント。専門は仏教学、密教学、日本宗教学。主な論文に「六大と赤白二渧:真言密教思想における胎生学的教説の意義」(『真宗文化:真宗文化研究所年報』26号)など。
一.『中世禅籍叢刊』について

ウェブサイトにも明記するとおり「従来見えてこなかった中世禅の新たな性格」の解明を目的として、大須観音真福寺と称名寺が所蔵する聖教を中心に、日本各地の寺院および文庫に伝わる貴重な禅関連資料の影印・翻刻を収めたものが、本『中世禅籍叢刊』(臨川書店)である。2013年3月に、第一巻「栄西集」が出版され、18年3月の十二巻「稀覯禅籍集続」刊行をもって、ひとまず完結した。本叢刊に収録する「禅籍」のなかには、近年、新たに真福寺から検出された栄西『改偏教主決』『重修教主決』のような、まったく未知の資料も含まれ、そのことから中世禅にとどまらず、ひろく日本の仏教・宗教思想史の枠組みを刷新することも期待される。

二.聖一派とその教え

その『中世禅籍叢刊』第四巻と十一巻は、それぞれ副題を「聖一派」「聖一派続」とし、前述の十二巻とあわせて臨済宗聖一派関係の貴重な資料を収める。聖一派は、栄西の孫弟子にあたる円爾に端を発する臨済禅の一派で、鎌倉から室町期にかけて東福寺を中心に発展した。九条道家ら時の権力者に強力なパイプを持ち、政治の世界でも大きな影響力をふるったことから、近年は日本史学界でも注目を集める。栄西がそうであったように、円爾と聖一派も「純粋禅」ではなく「諸宗兼修」の禅を勧めた。とりわけ禅と密教の併修を奨励したようで、円爾自身、自らが受けた天台密教の法流を近しい弟子に伝授し、東福寺において『大日経疏』『瑜祇経』といった密教経典の講義を盛んに行っている。それら講義は弟子の手で記録され、なかでも癡兀大慧による記録が、今も大須観音真福寺に残る。講義録は『大日経義釈見聞』『瑜祇経見聞』『秘経決』と題され、本叢刊の第四巻と十二巻に収録される。

聖一派における「禅」と「密」の結びつきは、円爾の弟子において一層強固になる。なかでも、東福寺の第9世をつとめた癡兀大慧の密教に対する高い関心と深い知識は、とりわけ注目に値するだろう。癡兀大慧も、栄西や円爾と同じく天台の学僧出身で、参禅前は密教の教理と儀礼を学んでいた。興味深いのは、その密教が天台だけでなく真言も含むという点で、伝記には、両密教の教えに等しく通じていたことから、その知識を「平等義」と呼んだと記される。著作に目を向けると『菩提心論』『大日経疏』の注釈から、弟子に授けた印信、さらに密教儀礼と教理に関する口伝の記録が、多数真福寺に伝わる。講義録はそれぞれ『菩提心論随文正決』『大日経疏住心品聞書』と題し、『中世禅籍叢刊』第十一巻と十二巻に収録される。口伝の記録は『東寺印信等口決』『灌頂秘口決』『三宝院灌頂釈』として、同じく第四巻と十二巻に収録される。

さて、これら著作を詳しくみていくと、円爾や癡兀大慧が説いた「禅」の教えとは、従来の「諸宗兼修」の禅の範疇には収まらない画期的な思想であったことが分かる。たとえば、彼らが弟子に伝えた知識のなかには、後に「邪義」「邪説」に分類されることになる「胎内五位」「赤白二渧」説といった、仏教の生理・胎生学の知識と密接に結び付く密教の秘説も含まれる。さらに、それら秘説をめぐる解釈は、同時代の真言または天台僧に小さからぬ影響を残した。本稿の締めくくりに『中世禅籍叢刊』に収録される資料のなかでも、癡兀大慧『東寺印信等口決』に注目し、その内容と思想史的な意義がいかなるものであったか確認する。

三.癡兀大慧『東寺印信等口決』の禅密思想

まず首題の「三宝院東寺印信等口決」から、醍醐寺三宝院に伝わる秘密の教えに関する著作と理解される『東寺印信等口決』だが、識語には「仏通禅師(=癡兀大慧)六十八御年の御談話口決なり」と記される。癡兀大慧は、1312年に84歳で逝去しているから、本書はその16年前の1296年に行われた「御談話口決」の記録といえる。本書は計30の問答からなり、後に詳しく述べる「有覚門本有の法」と「無覚門本有の法」の概念を軸に、①即身成仏の可否②顕密の差異③禅密の優劣④密教における自心の意義――といったテーマについて議論がなされる。

オウム死刑囚・元信者にとってのオウム事件―地下鉄サリン事件から25年② 藤田庄市氏9月29日

オウム真理教事件(1995年発覚)の本質は徹頭徹尾、宗教を根源としていたことである。その骨格だけを論じる。 (一)血盟団事件と まず歴史に事件を重ね合わせてみよう。 新実…

遺族、悲しみから回復への道程―地下鉄サリン事件から25年① 高橋シズヱ氏9月24日

1995年はオウム真理教による地下鉄サリン事件の年であり、それをきっかけに同年末には宗教法人法改正が行われるなど、「宗教とは何か」が問われた年だった。2018年7月には教…

天台座主への道 ―経歴法階とは― 木内堯大氏9月18日

■天台座主と探題 永禄6(1563)年に来日したルイス・フロイスの著作である『日本史』に、「日本で新たな宗教を布教するには比叡山延暦寺の許可が無ければ不可能である」と書か…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

原発事故からの復興 移民の伝統で村おこし

社説9月30日

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加