PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

イラストでひもとく 仏像のフシギ…田中ひろみ著

2023年11月27日 09時17分
イラストでひもとく 仏像のフシギ

イラストレーターで文筆家の田中ひろみ氏が、350を超えるカットを交え仏像にまつわる44の不思議に迫る。そもそも仏像とは何かといった由緒から、如来など仏像の分類、それぞれの特徴・歴史、制作過程といった概説、顔、髪、持物等、対象を絞った比較など、仏像に関する一通りの知識を親しみやすい表現で説く。

一つの話題を、文字とイラストで構成する見開きページで展開。図像などには漫画でよく見かける吹き出しを添え、印象的なフレーズで読者の関心を引く。十一面観音菩薩は「360度、全世界を見守ります」、不動明王は「いつだって燃えてるぜ!」と訴え掛けてくる。

語り方にも工夫が見られ、今の身近な話題を例に引く。アイドルグループAKB48になぞらえ「HTK(ホトケ)ユニット」と銘打ち、釈迦三尊や五大明王を取り上げる。

如来像の造形の変遷をたどるコーナーでは、飛鳥時代前期~鎌倉時代の顔、横からの断面、典型的な姿の三つの指標を基に比べ、くだけた表現による紹介も面白い。

寺院所蔵の仏像がどう解説されているのか。本書をひもとけば、自坊の仏像の思わぬ解説に出合え、特に若年参拝者へ説明するために生かせる表現が見つかるかもしれない。

定価1760円、小学館(電話03・5281・3555)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加