PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

カール・バルト入門 21世紀に和解を語る神学…上田光正著

2023年11月28日 12時31分
カール・バルト入門 21世紀に和解を語る神学

バルトの神学は「神の言葉の神学」として知られ、その立場は新正統主義とされる。著者によれば彼の神学の中心となるのは「恵みの選びの教説」とその具体的展開としての「和解論」であり、それが優れて現代的な意義を持つという理解は本書のサブタイトルに示されている。

著者によれば、バルトの思想を理解するために必要な彼の著書はほとんど全て邦訳されているという。全13巻、計1万㌻以上の大著『教会教義学』はその一部だ。著者が「感無量」の思いを述懐するように、日本のキリスト者、思想家が「まさに命がけの努力と熱心」で「『バルト神学』なるものにかじりつき、何とかしてわが教会のものにしようとしてきた」ことを証すものかもしれない。

神学史的位置付けはいずれ定着するが、バルトの神学に関しては、未だに何が継承されるべきかが解明されていないと著者は語る。人類の運命や信仰の価値が混迷の中で見失われた世俗化の状況下、生きて働く神と人間の関係を通じ根源的な「和解」の希望の方向を指し示そうとするものとは言えるだろうか。

ロシアとウクライナ、イスラエルとパレスチナという深刻過ぎる対立が和解の兆しも見せない現在「21世紀を和解の世紀とする」神学の真価が問われる。

定価2640円、日本キリスト教団出版局(電話03・3204・0422)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加