PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

創造論者 vs. 無神論者 宗教と科学の百年戦争…岡本亮輔著

2023年12月8日 11時27分
創造論者 vs. 無神論者 宗教と科学の百年戦争

本書は「異常な信仰と正常な信仰の違い」や「ファンと信者の違い」を問う。伝統宗教には敬意が払われ、信者は服装・食事・兵役・税金などで優遇されていると感じた者たちは反抗として「スパゲッティ・モンスター教会」(アメリカ)や、サッカー選手の故マラドーナを祀る「マラドーナ教会」(アルゼンチン)などのパロディ宗教を展開している。

テネシー州では、公立の教育機関で聖書における神の創造を否定することを禁じるバトラー法が1967年まで存在し、聖書に反するダーウィンの進化論を公教育で教えるべきかの論争も続いた。聖書の絶対性を主張する創造論者と神の存在が科学的でないと主張する無神論者の対立で、裁判まで起こっている。「まちおこし」の茶番で始まったこの裁判だが、議論は本質的なものだったという。近年両者の対立は激化し、普通の信仰も含めて全て滅ぼせば異様な信仰を始末できると考える「新無神論者」まで登場している。

著者は、宗教と科学の論争史を読み解くことで「信者を称しても信仰はない」とする宗教との関わり方が広がると予想する。伝統教団にとっては不愉快な内容と言えるかもしれないが、多くの人々が野球選手の活躍やアイドルに熱を上げる現代日本で、布教する難しさを示すものでもあるだろう。

定価1980円、講談社(電話03・5395・3512)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加