PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

日蓮 「闘う仏教者」の実像…松尾剛次著

2023年12月13日 12時46分
日蓮 「闘う仏教者」の実像

地震や疫病、蒙古襲来など激動の鎌倉時代を生きた日蓮について、遺文などの史料を通じて思想や人物像に迫っている。

本書の随所で言及されるのが、叡尊教団(後の真言律宗)の高弟、鎌倉極楽寺の忍性についてだ。日蓮は忍性ら律僧を「布・絹・財宝を蓄え」ていると批判したが、著者は忍性が経営したハンセン病患者の治療施設には莫大な資金が必要であったことを日蓮は無視しているとし、忍性を擁護する。

忍性の傘下の行敏が日蓮を訴え、日蓮が佐渡配流となったことについては、忍性は日蓮が他宗派批判をすることを謝罪してほしいと思っただけで、佐渡配流からの早期赦免を望んだという。日蓮が2年半ほどで配流を解かれたのは、蒙古襲来を予知できた異能者だからという説は否定できないものの「『本朝高僧伝』が記すように、極楽寺忍性らの嘆願による可能性の方が高い」と指摘し、忍性が果たした役割を著者は高く評価する。

弘安の役では、日蓮は真言僧らに祈禱を任せている現状を批判し、日本は蒙古に滅ぼされると予言。もしそうならなければ真言宗はすぐれていると主張したのに対し「神風」が吹き、当時の貴族や僧侶は叡尊の祈禱のおかげと考えた。日蓮は失意の状況に陥り、病魔に侵され亡くなったとする。

定価924円、中央公論新社(電話03・5299・1730)刊。

人物叢書新装版 高台院

人物叢書新装版 高台院…福田千鶴著

3月1日

北政所「ねね」の名前で親しまれる豊臣秀吉の正室・高台院は、テレビドラマで夫を足軽から天下人まで出世させた糟糠の妻として描かれたことで、そのイメージが定着している。著者は学…

次世代創造に挑む宗教青年 地域振興と信仰継承をめぐって

次世代創造に挑む宗教青年 地域振興と信仰継承をめぐって…川又俊則・郭育仁編

2月29日

地方の衰退が叫ばれるようになって久しい。国や自治体も企業誘致や子育て支援による移住促進など数々の地方創生策を打ち出すが、地方の人口減少は一向に歯止めがかからない。同書はこ…

ブッダと如来 釈尊のなかの人間性と永遠性

ブッダと如来 釈尊のなかの人間性と永遠性…森章司著

2月28日

ブッダ(buddha)と如来(tathāgata)には違いがある――。生涯をかけて原始仏教聖典を研究する著者は近頃、原始経典中に、釈尊が自らのことを「ブッダ」とは言わず「…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加