PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

わたしが「カルト」に? ゆがんだ支配はすぐそばに…齋藤篤・竹迫之著、川島堅二監修

2023年12月15日 11時07分
わたしが「カルト」に? ゆがんだ支配はすぐそばに

キリスト教の牧師として「カルト」からの脱会支援に携わり、自らも「カルト」脱会者である著者二人がその経験を基に、ゆがんだ支配が生まれる構造とその対策を示す。

齋藤篤氏は「カルト」を「ゆがんだ支配構造によって本来人間に備わっているべき人権を奪い、さまざまな弊害をもたらす状態」と表現する。宗教に限らず、政治や家族、商業においても同じような支配構造が生まれる可能性があると指摘。「カルト」と異端の違いに言及しつつ、問題の解決には「カルト」に対する正しい理解が必要だと強調する。

著者二人がそれぞれ、入信した経緯やその中での活動、脱会に至る経緯、脱会後の葛藤をつづる。竹迫之氏は信仰していた頃の楽しかった記憶、ボランティア団体を装いハンカチの販売活動をしていた時のやりがい、脱会後も自身が所属していた団体が間違っていたとは確信を持てなかったことを赤裸々に語る。誰しもが被害者にも加害者にもなり得るとし、自分の加害者性を自覚することなく「健全な脱会は不可能といって差し支えないのではないか」と述べる。

脱会の相談に訪れる家族や悩みを抱える2世の問題への向き合い方にも触れられており、「カルト」への理解を助け、苦しむ人々に解決の糸口を提示する一冊。

定価1650円、日本キリスト教団出版局(電話03・3204・0422)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加