PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

ためさるる日 井上正子日記 1918-1922…井上迅編

2023年12月20日 09時32分
ためさるる日 井上正子日記 1918-1922

京都の四条河原町付近に、徳正寺という真宗大谷派の町寺がある。ここの納骨堂から2017年春、6冊の古びた日記帳が見つかった。1918(大正7)年から22(同11)年にかけて、この寺で生まれ育った井上正子という少女が書いた日記で、書かれた時期は正子の12~16歳に当たる。本書はこの日記を翻刻し、一冊にまとめたものだ。

日記帳は、正子が通っていた女学校から支給されたもののようで、書くことは宿題の一つだったらしい。人に読まれることを前提としていたわけだが、多感な年頃の女の子の、率直な胸の内をありのままに伝える。スペイン風邪や第1次世界大戦、米騒動といった国内外の情勢のほか、当時の大谷派寺院の日常に関する記述もあちこちに見られ、近代化の途上にあった日本の様子を伝える貴重な一次資料とも言えるだろう。編者によるコラムのほか、磯田道史、小林エリカ、藤原辰史各氏による寄稿も掲載する。

編者は徳正寺の現住職で、井上正子のめいの子に当たる。つまり、編者は大伯母が残した日記帳を暗がりから見つけ出し、埃を落として光を当てたことになる。こうした形で読まれるとは泉下の正子は想像だにしていなかったに違いないが、はにかみながらほほ笑んでいるのではないかと思われる。

定価3080円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加