PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

仏教の歴史 いかにして世界宗教となったか…ジャン=ノエル・ロベール著 今枝由郎訳

2023年12月26日 09時14分
仏教の歴史 いかにして世界宗教となったか

フランスを代表する仏教研究の専門家による仏教史概説を翻訳した。世界に伝播した歴史をたどり、多様な文化に適応していった仏教の世界宗教としての特質を指し示す。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など諸宗教の中での仏教の位置付けを解説。教えを説く手段を特定の言語に限定せず、経典が様々な国で翻訳されたことに注目する。インドから中央アジアと中国へ、チベットからモンゴルへ、朝鮮から日本へ、翻訳活動と共に各地の習俗、文化と溶け合い、多様な仏教文化が生み出されていく伝播の変遷をたどる。

西欧では、イエズス会宣教師による報告があり、19世紀になるとヨーロッパ人による本格的な仏教教義および実践の研究が始まった。西欧における仏教の普及に大きな役目を果たした人物として鈴木大拙と曹洞宗僧侶の弟子丸泰仙を紹介している。

著者は日本語、中国語、サンスクリット語、チベット語、ラテン語、ギリシャ語など様々な言語に通じている。日本仏教研究の分野では第1世天台座主・義真による『天台法華宗義集』の教義研究は西洋語での最初の体系的解明として高い評価を受けた。

世界に伝播した仏教の中でも特異性があるとされる日本仏教だが、同書では特異性を生む仏教の豊かさを示している。

定価1650円、講談社(電話03・5395・5817)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加