PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

人間ざかりは百五歳…大西良慶・平櫛田中著

2023年12月27日 09時57分
人間ざかりは百五歳

1979年に刊行された同名の書籍が約半世紀を経て復刊された。京都・清水寺の貫主を務め「社会のための仏教」に精力的に取り組んだ大西良慶氏と、木彫彫刻家で文化勲章も受章している平櫛田中氏が著したエッセー集で、執筆当時、それぞれ数え年で105歳と108歳だった。100歳を超える長寿なればこその、まさにタイトル通りの「人間ざかり」を文章から感じさせてくれる。

大西氏の説法は「良慶節」と称されて親しまれ、多くの人々が集まったという。説法もきっとそうだったのだろうと思わされるような筆致で、自由闊達かつ縦横無尽に「いま、ここを生きる」ための仏教的な生き方や智慧を読者に語り掛けてくる。平櫛氏は、作品を制作していく上で大きな影響を受けた岡倉天心と臨済宗僧侶の西山禾山の教えなどに触れながら「彫刻一路」の人生を振り返り、人生の苦しみやその末に至った境涯を示す。

大西氏は「人間の理解では、死をもって人生の完結とするが、仏教では、そうではない。つまり、人間は本当は死なないのである」と説き、平櫛氏も「『死』が人生の完成を意味するものでは決してないことを認識しなければならない」と訴える。今なお、物質的な終焉としての「死」を感じさせない両者の語り口から「生」を考えさせられる一冊。

定価1980円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加