PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

宗教を問う、宗教は問う コルモスの歴史と現代…氣多雅子・島薗進・金澤豊・小林敬編

2024年1月24日 09時39分
宗教を問う、宗教は問う コルモスの歴史と現代

1971年に発足した「現代における宗教の役割研究会」(通称・コルモス)の設立50周年を記念して出版された。京都学派を代表する宗教哲学者・西谷啓治氏が初代会長を務めるなど、著名な宗教者や宗教研究者らでつくるコルモスの軌跡は現代宗教史を考える上で示唆に富む。

第1部「コルモス50年の歩み」では過去の研究会議での基調講演から7編を収録。研究会議の総合テーマの一覧を見ると「現代ニヒリズムと宗教」(78年)「コンピューター時代と宗教」(82年)「女性と男性」(89年)「グローバリゼーションと宗教」(97年)「環境倫理と宗教文化」(2008年)など時代の変化も感じることができる。

第2部「コルモスの回顧と展望」には大谷光真、島薗進、氣多雅子、櫻井治男、星野英紀、金澤豊の各氏による座談会「コルモスから学んだこと」と、今後の展望に関する関係者の寄稿を収めた。コルモスは第一の目的に諸宗教間の対話と協力を掲げるが、終章で副会長の氣多氏は現在の課題として「宗教者と世俗社会との対話」の重要性を指摘。両者の相互理解には相応の「翻訳」作業が求められるが「コルモスの五十年は、諸宗教の対話がこのような相互の『翻訳』を可能にする訓練となることを私たちに教えた」とする。

定価2200円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加