PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

鎌倉時代仏師列伝…山本勉・武笠朗著

2024年1月29日 09時53分
鎌倉時代仏師列伝

鎌倉時代に活躍した運慶や快慶、院尊ら39人の仏師を取り上げ、その生涯と事績、作風の特徴を詳しく解説した一冊。

藤原道長が創建した法成寺の造像に携わり、地方の高位僧官だった講師の職に就いた康尚と、道長の晩年に同じく法成寺の造像を手掛けて僧綱位を得た定朝の二人により、平安時代後期に仏師の社会的地位は大きく向上した。続く院政期に入ると、定朝の系統に連なる正系仏師は院派、円派、奈良仏師の3系統に分かれ、鎌倉時代になると、奈良仏師から運慶派、快慶派が派生。仏師らは時々の政権や歴史の潮流と密接に関わりながら、京都や奈良、鎌倉など各地の寺院に仏像を残した。

本書では慶派と院派、円派にとどまらず、主に奈良で活動した善円とその後継者・善春をはじめとする善派、千葉の在地仏師・賢光や東国で作品を残した定快ら地方で活動した仏師まで広く紹介している。

仏像の図版を豊富に掲載しているほか、南都焼き打ち後の復興や長谷寺(奈良県桜井市)の本尊再興などにおける仏師の活躍を掘り下げたコラム、鎌倉時代の仏師の動向を概観できる年表も収録。残された記録、作品を通して仏師それぞれの生きざまを深く知ることができる。

定価2750円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加