PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

苦を見つめて泥に生きる…山田忍良著

2024年2月9日 10時25分
苦を見つめて泥に生きる

教王護国寺(東寺、京都市南区)の法務部長を務める著者による法話集の第2巻。第1巻『人間は何度でも立ち上がる』の英訳『LIFTING OURSELVES UP』の出版を挟んで、4年ぶりの刊行となった。

東寺の大日堂で毎週日曜に開く「法話会」の内容を編集して42話を掲載した。一つの法話は3~4ページで完結する短いもので、短い時間でも手に取って読んでもらえる工夫が凝らされている。故三浦俊良氏に教わったという「やさしい」言葉で伝え、全編を通じて筆者が見聞きした身近な話や、世間の出来事にも気を配る。第1章「利他の心で生きる」、第2章「人生は苦なり」など4章で構成する。

第3章に収録された「地獄に落ちても悔いなし」では「聞法」は新たに知識を入れることではなく「忘れているものを思い起こさせる」という点が重要だとする。仏教の実践は問題を機縁として自己を深め、問題を解決していくことの繰り返しであり、私たちは毎日、四六時中続く「行」で「徳」を身に付けていく「生活行者」だという。どこかに浄土が存在するのではなく、日々の精神生活そのものが浄土。求道心を持った生活者になることで私心を捨て、信仰的勇気が与えられると呼び掛ける。

定価1650円、スローウォーター(メール)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加