PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

〈聖なるもの〉を撮る 宗教学者と写真家による共創と対話…港千尋・平藤喜久子編

2024年2月13日 09時20分
〈聖なるもの〉を撮る 宗教学者と写真家による共創と対話

宗教学者と写真家。異なる視点で「聖なるもの」と向き合う14人の執筆者が、宗教学において写真というメディアが果たした役割や、観光産業の発展と共に変化する聖地の在り方など様々なテーマで「聖なるもの」を撮るということについて考察する。カメラという装置、写真を撮るという行為、それをつかさどる人々の意識を起点に「聖なるもの」とは何かという宗教学の本質的な問いに迫る。

神話学者の平藤喜久子・國學院大教授は「光=太陽」を切り口に、出雲、日向、対馬、ギリシャなど神話の舞台となっている土地の風景について考察する。写真を撮影するとき、我々は普段以上に光を意識する。光を生み出すのは太陽であり、太陽は、世界各地で最高神の位置を占める信仰対象だ。それぞれの場の光の特性と神話の特徴に関する問題提起は、ファインダーを通して聖地を見つめる執筆者ならではの視点といえる。

歴代の天皇陵を全て撮影した写真家の伊奈英次氏は、強大なタブーが存在する天皇の陵墓を撮影する際の「漠然とした恐れ」から「聖なるもの」の核心に肉薄する。一方、宗教社会学者の山中弘・筑波大名誉教授は、写真や映像などを通して聖母出現の物語を積極的にアピールしたフランス・ルルドをテーマに、近代における聖地観の変化を解説する。

定価2750円、山川出版社(電話03・3293・8131)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加