PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

近世三昧聖の活動と行基伝承(1/2ページ)

方丈堂出版編集長 上別府茂氏

2019年2月13日 15時45分
かみべっぷ・しげる氏=1947年、鹿児島県生まれ。大谷大大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。専攻は日本宗教民俗学・日本葬墓史。前法藏館編集長・元帝塚山大非常勤講師。現在、方丈堂出版編集長。論文に「三昧聖と葬送―行基系三昧聖を中心として―」(『講座・日本の民俗宗教二 仏教民俗学』、弘文堂、1980年)など多数。
一 はじめに

紀州高野山は古代末から納骨の霊場として知られ、近世には「日本総菩提所」の名で宗派を超えた人びとの納骨と塔婆供養が行われてきた。奥之院の入り口から大師御廟までの約2キロの墓道の両側には、樹齢数百年の老杉とともに歴史上著名な諸大名などの20万基を超える巨大な五輪塔や供養塔が林立し、木漏れ日が霊場の雰囲気を醸し出す。この鬱蒼とした墓原の一角に、我が国の庶民仏教史上もっとも重要な人物のひとりである行基の供養塔が建立されていることを知っている人はそんなに多くないであろう。その碑銘によれば、江戸時代中期、延享5(1748)年に「三昧聖」という宗教者が行基の一千年忌供養のために石塔を建立していた。

二 三昧聖とは

ではこの三昧聖とはどういう宗教者であろうか。三昧聖とは火葬・土葬による遺骸の処理や墓地(俗称はサンマイ)の管理に従事した半僧半俗の宗教者(=聖)のことをいう。一般に「オンボウ」(煙坊・煙亡・隠坊・御坊など)、「墓守り」などともいわれた。文献上では、室町時代前期の『浄土三国仏祖伝集』(1416年)に「薩生法眼三昧義。号三昧衆。今世三昧聖リ是也。又ハ名御坊聖」と見えるのが早い。その職掌は安土桃山時代、1576(天正4)年7月26日付の宣教師ルイス=フロイスの書簡によれば、「日本に於いては異教徒の間に貧窮なる兵士および保護者なき人死する時は、フジリスと称する人たちのもとに遺骸運び焼かしむる習慣」のあったことを本国に報告している(『耶蘇会士日本通信』下)。全国的に三昧聖に類する職掌の俗聖は、空也僧・茶筅・鉢叩き・鉢屋・鉦打・念仏者・谷の者・念仏者(沖縄)・陣僧などがあげられる。遺骸を扱ったことからいずれも賎視された。

三 三昧聖の近世の活動

近世の近畿周辺(山城・大和・河内・摂津・和泉・近江・丹波など)の由緒ある墓地に三昧聖建立の行基供養塔などが多く見られることや、三昧聖の伝承に多く行基を祖として仰いでいることに注目し、なぜ彼らが行基との関係を保持していたかを明らかにしてみたい。

「大坂千日前法善寺の墓所に行基開創の碑あり」(近世の『葦乃若葉』)とあるように、行基開創を伝える墓地が多いことは歩いて見ればわかる。近世の三昧聖がその開創建碑を行い、例えば文久元(1861)年、大坂梅田墓所の基流という三昧聖は「聖武天皇勅許行基三昧耶場」と刻銘した石碑を墓所入り口に建てていた(『道頓堀非人関係文書』下)。また三昧聖所蔵の行基坐像(木造)や行基画像も多く、彼らは行基講も組んでいた。

三昧聖の行基伝承をもっとも端的に示す例は行基年忌供養の法会であり、その記念としての建碑である。年忌供養会は畿内各地の三昧聖が個別に行った分と、東大寺龍松院の要請により東大寺で実施した分とがある。延享4(1747)年3月から4月8日まで東大寺では「行基遺身舎利供養法事」として一千年忌が執行された。それゆえ、東大寺大勧進職であった龍松院は「和泉国新古惣三昧聖中」宛てに、報恩稔香拝礼として東大寺へ登山するように書簡を送っていた(「行基菩薩一千年忌法事廻牒之写」)。この書簡によれば五畿内各国の三昧聖に、日割りを以て参詣するようにと伝えているので、同趣旨の書簡は和泉国の三昧聖ばかりでなく畿内他国の三昧聖にも送付していた。

延享4年の東大寺行基一千年忌供養会に登山した各国の三昧聖は帰省後、自国の墓地でも行基供養会を行ったうえ、記念のため建碑していた。大坂の千日墓所三昧聖は延享4年4月24日に「開闢之行基菩薩千年忌為報恩」に常念仏および説法法事を実施し、行基一千年忌法事を営んだ(『道頓堀非人関係文書』下)。翌年の延享5年に各国三昧聖は各々の墓地で記念の建碑を行ったことが知られ、前述した高野山奥之院墓地に建碑された供養塔もそれにあたる。

行基研究とその課題「行基の実像に迫る」とは7月9日

昨年2018年は奈良時代の高僧、行基の誕生1350年の年であった。それを記念して行基にゆかりの地でさまざまな行事が催されたが、なかでも奈良市では、10月20日に奈良公園の…

偏見を乗り越えるために7月1日

1.国際仏教婦人会(略称ILAB)とは 21世紀を迎えても仏教界は男性中心社会で、ジェンダー・バイアス(gender bias)が存在している状況の中、女性の立場で釈尊…

井筒「東洋哲学」とエラノス会議6月25日

東洋思想・イスラーム哲学の世界的な碩学、井筒俊彦(1914~93)は『コーラン』(岩波文庫)を邦訳したことで広く知られている。さらに、代表的著書『意識と本質』などをとおし…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加