PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

釈尊伝研究と釈尊教団―釈尊教団形成史と釈尊の生涯①(1/2ページ)

東洋大名誉教授 森章司氏

2020年3月16日 14時37分
もり・しょうじ氏=1938年生まれ。三重県出身。東洋大大学院文学研究科修了。博士(文学)。専攻は仏教学。著書に『仏教比喩例話辞典』(東京堂書店)、『初期仏教教団の運営理念と実際』(国書刊行会)など多数。

私たち「釈尊伝研究会」は昨年(令和元年)の11月16日に「原始仏教聖典資料による釈尊伝の研究」の完成報告会を催し、その場で『釈尊および釈尊教団形成史年表』と『釈尊の生涯にそって配列した事績別原始仏教聖典総覧』を発表した。これらは平成4年から始めて昨年までの28年間の研究の総決算書というべきものである。そして今、「中外日報」紙上で、そのメンバーそれぞれが担当した研究領域を中心に、そのエッセンスというべきものを報告させていただく機会をいただいた。第1回は研究代表者として、私がこの研究の概略を記させていただく。

ところで、今さらなぜ28年間もかけて釈尊の伝記研究かと問われるかもしれない。実は、仏教2500年の歴史の中で、釈尊のブッダとしての45年間の活動を編年史風に記述した釈尊の伝記というものは存在しないのである。原始仏教聖典と呼ばれている漢訳・パーリあわせて1万数千に上る経蔵・律蔵に含まれる文献は釈尊の言行録なのであるが、その全ては「如是我聞。一時仏在舎衛国祇樹給孤独園」というような形で始まり、釈尊が「どこで」「誰に」「何をした」ということは詳細に記されているにかかわらず、「いつ」だけは「一時(あるとき)」と示されているだけであって、具体的にそれがいつのことであるかが分からない。そのため釈尊のブッダとしての一生の中で、どんなことがあったかは知られるにかかわらず、これを時系列にそって編集することができなかったのである。それでも、かろうじてその成道場面と入滅場面はおのずからにして、その「時」が知られるから、今まで「釈尊伝」を標榜する経典も現代の研究者の著作も、その場面しか記されていなかった。これではプロローグとエピローグをもって釈尊の伝記というに等しい。

従ってわれわれの研究は端的に言えば、この原始仏教聖典の「一時」が釈尊の何歳のことであったかを推定することであった。しかし推定とはいえ、その方法論と手続きは学問的批判に堪えられるものでなければならない。具体的な作業は聖典の記述の行間を読み解くことであったといってよいが、それには釈尊やその弟子たちが毎日の生活をどのように過ごし(この連載の第5回に記す)、年間の定例行事にはどのようなものがあり、布教の旅はどのようになされたかといった、伝記とは直接関係のないことを知ることが必要であった。

そのためにわれわれは28年間のほぼ4分の3をこのような研究に注いだが、その一つが釈尊教団形成史の研究である。教団は「ローマは一日にしてならず」のことわざどおりに、まず土台の上に基礎を築き、その上に柱を立て梁をわたして、その後に壁や屋根をつけるというような一つ一つの工程が積み重なって初めてできあがったのである。土台や柱がなくして、壁や屋根が築かれるということはあり得ない。だからこの過程を検証することは比較的にたやすい。そしてこの形成史に釈尊の事績を重ねてやれば、釈尊の一つ一つの事績の年度も推定されてくるということになる。

われわれはこの研究の成果を本稿のテーマと同じ「釈尊教団形成史と釈尊の生涯」という書物にまとめたいと考えており、現時点での構想は以下のとおりとなっている。第1期:釈尊教団形成前史/第2期:釈尊教団の成立(マガダ国の仏教)/第3期:バラモン教世界への進出(コーサラ国の仏教)/第4期:釈尊教団の発展(仏教中国の仏教)/第5期:弟子たちによる布教(辺国の仏教)/第6期:サンガ内の紛争と分裂(釈尊教団の既成化)/第7期:晩年の釈尊とサンガへの遺言/第8期:釈迦教から仏教へ――である。

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

《浄土宗開宗850年③》『選択本願念仏集』廬山寺本の研究から見える法然教学の深化 春本龍彬氏2月2日

浄土宗の開宗について、『法然上人行状絵図』の第6巻には、「法然上人は、…ついに『一心専念 弥陀名号 行住坐臥 不問時節久近 念念不捨者 是名正定之業 順彼仏願故…』という…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加