PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

宗教と自己存在の問題について(2/2ページ)

時宗教学研究所研究員・一向寺住職 峯崎賢亮氏

2022年4月4日 09時16分

臨床の場における「末期癌」の宣告は、まさに絶望感を人にもたらす。根治が不可能であるから「末期癌」である。終末期医療における「新たなる未来の構築」は、いわゆる「あの世」が信じられるか否かにかかってくる。仏教における浄土にしろ、キリスト教における神の国にしろ、死後の世界が信じられるか否か、という問題である。ただ実際の臨床現場では、個人の宗教心をあてにするのみではなく、家族との関わりという、関係存在の強化で対処することが多い。

(2)関係存在の問題

関係存在とは、自己の存在を認識する為には、他者が必要である、という事である。例えば、夫という存在には妻が必要であり、医師という存在には患者が必要である。そして、関係存在を支える最も重要なものが、相手からの「まなざし」であり、特に、記憶の中に残る、不在者からの「まなざし」であることを、筆者はすでに論じた(『中外日報』19年4月5日号「存在を支える『まなざし』の考察」)。

かつて内科医であった筆者は、患者からの「まなざし」によって、その存在が支えられていたことの意味を、引退して、直接的な患者からの「まなざし」を失って初めて、体験的に知った。また「まなざし」の中には、特定の他者、不特定多数の他者からの「まなざし」ばかりではなく、「あの頃の我」からの「まなざし」もあることに気づいた。「あの頃の我」とは間違いなく、現在においては記憶の中に残る不在者である。患者や患者の家族からの「まなざし」に応えるために、必死になっていた「あの頃の我」からの「まなざし」が、今となっては、情け容赦なく、筆者に重くのしかかる。

コロナ禍で、多くの医師達は、医療崩壊ギリギリの状況下で、医療現場を支えている。かつて筆者は、新臨床研修医制度のために、地方病院から若手医師がいなくなり、医療崩壊寸前に追い込まれた時代を経験している。あの時の、必死になって医療現場を共に支えあった医療スタッフからの「まなざし」が蘇る。今、現場に復帰しても、足手まといにしかならないことは充分に自覚しているが、「コロナ終息を祈るだけでいいのか」「俺はいったい何をしているんだ」という、忸怩たる思いに苛まれる。関係存在の喪失に伴う、自己存在の揺らぎは、何も他者との関係性の喪失ばかりでなく、「あの頃の我」との関係性の喪失によっても、もたらされることを知った。

(3)自律存在の問題

自律によく似た言葉に自立がある。自立は医療現場では、トイレ、食事といった通常の日常生活を、自分一人で行うことができる事を意味する。一方自律は、自分で自分の事を決めることができる、という事をいう。

普段我々は日常生活において、自分が思うようにできることが当たり前のように思っている。しかし脳卒中により重篤な麻痺が生じると、また高齢になり足腰が弱ると、トイレ、食事といった当たり前のことが、自分一人でできなくなる。つまり生活上の自立が失われると、自分が当たり前のように「こうしたい」と思うことができなくなることで自律喪失が起こる。「こんなこともできなくなった私に、生きている意味があるのだろうか」という、自律存在の喪失がもたらす、自己存在の危機である。

筆者が内科医であった時代、自律存在の喪失に伴う嘆きを訴える高齢者を数多く診てきたが、筆者自身が、「高齢者枠」でコロナのワクチンを接種する年代に達した。現在、自立・自律に問題がないが、すでにこの苦しみを味わっている友人達がいる。

昭和を代表する禅僧、内山興正老師は晩年、NHKの番組に出演した時、坐禅ができなくなったら、念仏をやる、と言われた。坐禅ができなくなる、という状況は、まさに自己の自律存在が失われた時のことを意味する。そのような状況下においても、仏道を修することはやめない、という意志を示されたのであろう。

臨床現場では「人は生きてきたように死んでいく」と言われてきた。「半ちく」な人生を送ってきた筆者が、自律存在を喪失するような状況下で、内山老師のように、仏道を最後の最後まで貫く事ができるのであろうか。

機の深信とは、自分が罪業深重の凡夫であることを痛感することであるが、現代人にとっては、相当精神的に追い詰められた特殊な状況、つまり絶望感を背景にして生じる。筆者が、否応なく機の深信を自覚する状況に陥った時に、日々の称名念仏が、法の深信へと翻る契機となってくれる事を念じるほかない。

語り継がれるもうひとつの神武天皇陵 外池昇氏2月29日

神武天皇陵3カ所 江戸時代において神武天皇陵とされた地が3カ所あったことは、すでによく知られている。つまり、元禄の修陵で幕府によって神武天皇陵とされ文久の修陵でその管理を…

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加