PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

心に響く3分間法話 やさしい仏教の話…桜井俊彦著

2023年11月24日 10時59分
心に響く3分間法話 やさしい仏教の話

身近な話題から釈尊の言葉や教えを平易に分かりやすくまとめた短編法話集。2㌻で1話、計38話を収録している。著者は東京都豊島区の念仏実践道場、真々園園主で、かつて24年間にわたり、東方学院研究会員として中村元・学院長の指導を受けた。

2021年に新型コロナウイルス感染症に罹患して、生死をさまよい2カ月間入院した時の経緯をつづった思いが胸に迫る。

人工呼吸器のマスクを装着しながら「すべてを阿弥陀さまの御手にゆだねたのだから、光の国へゆく気持ちは晴れやか。光の国からふたたびこの世に戻って、お釈迦さまのように自由自在に人びとを救うことができるという(還相回向)。この世での人々を救うリハーサルを終えて、いよいよ本舞台」と著者は覚悟を決めた末、一命を取り留める。後書きには社会復帰できたことについて「ことばにあらわせないほどのご恩を感じ、与えられた命であることを強く感じております」と吐露している。

釈尊の前世物語(ジャータカ)にある、バラモンに自分の体を焼いて捧げようとしたウサギの話や「お釈迦さま」や「阿弥陀さま」の「目に見えない大きなはたらき」、念仏を称える意味など、中学生の読者を念頭に仏教の教えを説く。

定価1100円、法藏館(電話075・343・0458)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加