PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

人物叢書 新装版 成尋…水口幹記著

2023年12月6日 10時08分
人物叢書 新装版 成尋

仏法を求め中国に渡った僧は数多い。平安後期に渡宋を果たした天台僧成尋もその一人で、円仁の『入唐求法巡礼行記』と並ぶ貴重な巡礼の記録を残したことで知られる。

藤原北家の流れをくむ。生年は諸説あり、著者は諸文献を分析し、1013年が有力とする。父の実名は不詳だが、母は渡宋した成尋への思いをつづった『成尋阿闍梨母集』を残した。叔父には『宇治大納言物語』の作者源隆国がいる。

7歳の時、仏門に入り、京都岩倉の大雲寺(寺門派)で修行を重ね、寺主、阿闍梨となった。若い頃から渡宋巡礼の願いは深かったが、実現したのは60歳の時。日本に戻ることは考えなかっただろうと著者は推測する。

『参天台五臺山記』は入宋後の日々を記し当時の中国社会の記録としても価値が高い。本書では引用の公文書も含めて適切な解説が付され、千年近く昔の宋の僧院の仏事、庶民の生活、行政との交渉などが極めてよく分かる。宋の都・開封への旅、神宗皇帝拝謁、五臺山巡礼、開封での僧徒との交流、宋朝訳経事業の見聞、開封の高僧と共に行った祈雨修法の成功などが詳しく記される。帰国する弟子たちを見送り「日本とのしがらみ」を断ち切った成尋は69歳で入滅。勅により天台山国清寺に葬られたと伝えられる。

定価2420円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加