PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

神道と日本人 古事記と冠婚葬祭…鎌田東二・一条真也著

2023年12月14日 10時56分
神道と日本人 古事記と冠婚葬祭

二人の対談は「神道とは何か」「神道と冠婚葬祭」「現代社会と神道」「神話と儀礼」「注目すべき人々との出会い」の5部で構成されている。片や「神道ソングライター」を自認する宗教哲学者であり民俗学者、片や冠婚葬祭企業の社長であり「礼の求道者」として幅広く活躍する実践者。興味深いのは二人が33年来の友人で、互いに「魂の義兄弟」の契りを結んだ関係であると認めていることだ。

鎌田氏は、キリスト教と仏教が「救いの宗教」と「悟りの宗教」に類型化されるのに対し、神道の原型は「畏怖の宗教」だと言う。また『日本書紀』に「信仏法、軽神道」という比較が出てくるのを引き、「仏法」は「法」という教えの体系で信不信をはっきり表すことができる一方、「法」体系を持たない神道は、信不信ではなく「尊」か「軽(不敬)」の二つの態度しかないと論じている。

息の合ったやりとりは日本人のこころに分け入り、先祖伝来の伝承の集積として畏怖されてきた神道の神髄を語り合う。鎌田氏は、この出版計画が持ち上がった矢先にステージ4の大腸がんであることが発覚し、対談を早めたことを告白している。全編に熱意があふれ、二人が「至高の時間」を過ごした空気が伝わってくる。

定価1320円、現代書林(電話03・3205・8384)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加