PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

南北仏教の出会い:近代タイにおける日本仏教者,1888-1945…村嶋英治著

2024年1月25日 12時39分
南北仏教の出会い:近代タイにおける日本仏教者,1888-1945

インドのピプラワで1898年に発掘された「真正な」仏骨は、タイ国王のチュラーロンコーン5世に寄贈された。その一部は国王から日本の仏教界に分与され、大谷派の大谷光演を正使とする奉迎団がタイで国王から仏骨を受け取った。近代日本の仏教史上の一大イベントであった。

本書の第6章は駐バンコク弁理公使稲垣満次郎と大谷派参務だった石川舜台を中心に、タイ側や舞台裏で活動した日本人の資料も駆使してこれを論じる。稲垣や石川のような異色の人物が抱いた仏教を軸とする国際関係構築の大きなビジョンが背景にあったことが明らかにされる。このほか「最初のタイ留学日本人織田得能(生田得能)と近代化途上のタイ仏教」「釈宗演、『純正仏法』国シャムでの幻滅」など全16編(章)を収める、約770㌻の大冊。

著者は早稲田大名誉教授で、タイ研究の専門家。本書では上座部の仏教国タイと日本人僧侶の交流やすれ違いを、現地の文書と中外日報をはじめ同時代の報道、記録など資料を博捜して分析する。タイ仏教との関係を通して、近代仏教の一側面が浮き彫りにされる。

早稲田大学アジア太平洋研究センター刊。非売品だが「早稲田大学リポジトリ」で全文をダウンロードできる。送料のみ希望者負担で本自体を贈呈することも可能という。問い合わせはメール()で。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加