PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

杦田善孝上人選集 第一巻…杦田善孝上人選集刊行委員会編

2024年1月26日 09時12分
杦田善孝上人選集 第一巻

念仏三昧の聖者と呼ばれ、光明主義の主唱者として明治・大正期に活躍した山崎弁栄の教えは、浄土門に限らず多くの宗教者や知識人に思想的な影響を与えた。本書に名を冠する杦田善孝も、弁栄の教えと出逢い、生涯を光明主義に捧げた実践者である。

弁栄が1914年に頒布した「光明会趣意書」は光明主義運動の創始を告げる指針である。その教えを相承した笹本戒浄から光明主義の正統を師承した杦田は、48年に設立された光明会本部聖堂の主管として、弁栄聖者の教えと先師笹本上人の行跡を通して光明主義の布教伝道に尽くした。

選集第1巻の本書には、機関誌『光明』に掲載された「光明会」「光明会本部聖堂」に関わるものや、巻頭言、編集後記を収載している。引き続き4巻までに「弁栄聖者の御教え」「光明主義の念仏三昧論」「光明主義をめぐる人々」「光明主義玄談」そのほかの論稿を集め、第5巻以降は法話・講話で構成するという。

弁栄聖者は「最も重い罪はおのが霊性を殺すことである」と言い、戒浄上人は「霊性の開発が人類今後の進化の方向だ」と力説した。杦田は言う「人類現在の危機からの脱却も、人世真実の安寧も所詮このコースを措いて他にない」――と。

定価5500円、方丈堂出版(電話075・572・7508)刊。

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

アジア仏教美術論集 東アジアⅦ アジアの中の日本

2月26日

アジア仏教美術研究の現在地を示した全12巻のシリーズが完結した。 最終巻である本書は「アジアの中の日本」をテーマに彫刻、絵画、工芸など仏教美術の各分野を地域、時代で分けて…

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加