PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

東洋学術研究 第62巻第2号…東洋哲学研究所編

2024年2月8日 09時20分
東洋学術研究 第62巻第2号

『東洋学術研究』第62巻第1号に引き続き特集「平和への闘争」第2弾を掲載する。ウクライナや中東での紛争が長期化する中、多様化する地球的課題に対して人類はどう向き合うべきかを、国際法、歴史、宗教、福祉等の観点から考察する論文や講演録を収録する。

巻頭を飾るのはニーラカンタ・ラダクリシュナン(ガンジー研究評議会議長)の特別寄稿「公正な不戦世界を目指して―ガンジーにみる非暴力と不殺生のグローバルな変革」。ガンジーを信奉するダライ・ラマ、非暴力を第一線で指導してきた池田大作らの言行を紹介し、非暴力の見地に立って「自己の勝利のために相手を負かすと考えるのではなく、双方が成長できる方法があるはずだといま考えてみることである」と訴える。

「地球を守り平和的共生をめざす―人新世はなぜ重要か」サティッシュ・M・クマール(東洋哲学研究所海外研究員)、「人類文明と覇権主義―世界を見つめ歴史を綴る」服部英二(元ユネスコ事務局長顧問)ほか、第37回学術大会シンポジウムから「国際公共財としての国際法と宗教―ロシアのウクライナ侵略への諸国家の対応とビーグル海峡危機におけるローマ教皇庁の仲介をめぐって」等を収録する。

定価1400円、東洋哲学研究所(電話042・691・6591)刊。

『大無量寿経』読本1

『大無量寿経』読本1…北塔光昇著

6月13日

浄土真宗の根本所依の経典である『仏説無量寿経』を一般の人が分かるように解説した。ただ、この経典は内容が深く分量も多いことからこの後、数回の出版を予定する。 読本1は『大無…

神武天皇の歴史学

神武天皇の歴史学…外池昇著

6月12日

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古…

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」…片山恭一著

6月3日

「競馬の祭典」と称され全てのホースマンにとっての憧れの日本ダービーを牝馬ウオッカで、世界最高峰レースの一つドバイワールドカップをヴィクトワールピサで、国内外の数々の大レー…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加