PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

東洋学術研究 第62巻第2号…東洋哲学研究所編

2024年2月8日 09時20分
東洋学術研究 第62巻第2号

『東洋学術研究』第62巻第1号に引き続き特集「平和への闘争」第2弾を掲載する。ウクライナや中東での紛争が長期化する中、多様化する地球的課題に対して人類はどう向き合うべきかを、国際法、歴史、宗教、福祉等の観点から考察する論文や講演録を収録する。

巻頭を飾るのはニーラカンタ・ラダクリシュナン(ガンジー研究評議会議長)の特別寄稿「公正な不戦世界を目指して―ガンジーにみる非暴力と不殺生のグローバルな変革」。ガンジーを信奉するダライ・ラマ、非暴力を第一線で指導してきた池田大作らの言行を紹介し、非暴力の見地に立って「自己の勝利のために相手を負かすと考えるのではなく、双方が成長できる方法があるはずだといま考えてみることである」と訴える。

「地球を守り平和的共生をめざす―人新世はなぜ重要か」サティッシュ・M・クマール(東洋哲学研究所海外研究員)、「人類文明と覇権主義―世界を見つめ歴史を綴る」服部英二(元ユネスコ事務局長顧問)ほか、第37回学術大会シンポジウムから「国際公共財としての国際法と宗教―ロシアのウクライナ侵略への諸国家の対応とビーグル海峡危機におけるローマ教皇庁の仲介をめぐって」等を収録する。

定価1400円、東洋哲学研究所(電話042・691・6591)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加