PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

空海がもたらした曜日 ― 唐から『宿曜経』持ち帰る(1/2ページ)

京都情報大学院大教授 作花一志氏

2015年2月17日
さっか・かずゆき氏=1943年生まれ。京都大大学院理学研究科博士課程修了(宇宙物理学専攻)。理学博士。専門は計算天文学。京都コンピュータ学院鴨川校校長を経て、2004年から現職。天文学の普及にも力を入れ、天文教育普及研究会編集委員長、NPO花山星空ネットワーク理事を務める。著書に『歴史を揺るがした星々』『天変の解読者たち』など。
曜日はいつから

日本人はいつから「日月火水木金土」という曜日を使っているのでしょうか? 明治になってから欧米にならった? 鎖国中にオランダ商人がもたらした? 戦国時代にやってきたキリシタン宣教師が伝えた?

いやそうではなく、もっと古くから曜日は使われていたのです。七曜はヨーロッパから伝わったのではなく、空海(774~835)が9世紀初めに唐から持ち帰ったもので、『宿曜経』という占星書に書かれています。経という名前がついていても仏典のお経ではなく、星占いのテキストブックです。インド生まれの僧、不空によって中国にもたらされました。これに基づく占いをする僧を宿曜師といい、『源氏物語』にも登場しますが、南北朝時代には姿を消してしまいます。

七曜は藤原時代には密教行事だけでなく、貴族間で広く使われていたようです。例えば、藤原道長自筆の日記『御堂関白記』には、長保六年二月十九日(1004年3月12日)に道長は、84歳の安倍晴明を伴って、新しく作る法華三昧堂の土地探しに木幡(京都府宇治市)に行きますが、その日は「癸酉の日曜日」ということが記されています。この日が日曜であることは、実際に計算して確認できます。

『御堂関白記』は陰陽師の作った「具注暦」という暦に道長自身が書き込んだもので、そこには干支・二十四節気・吉凶の占いはもちろん、日・月・火・水・木・金・土までが書いてあります。『宿曜経』にはまた白羊(おひつじ)、青牛(おうし)、陰陽(ふたご)、巨蟹(かに)、獅子(しし)、小女(おとめ)、秤量(てんびん)、蝎虫(さそり)、人馬(いて)、磨羯(やぎ)、宝瓶(みずがめ)、雙魚(うお)という十二宮も載っていて、これらを使って宿曜師は星占いをしていたようです。空海のもたらしたものは真言密教だけでなく、暦、占い、さらに土木技術、医薬知識までといわれ、本当に多彩な天才ですね。

鎌倉時代の史料として、承元四(1210)年および正和四(1315)年の「具注暦」が京都大学宇宙物理学教室図書室で見ることができます。日曜日に「密」という字が書かれているのはソグド語のミール(光、太陽、日曜を表す)に由来するものといわれています。また南北朝時代の康永四(1345)年の「仮名暦」は栃木県の荘厳寺に保存されています。江戸時代にはわが国初の暦を作った渋川春海(1639~1715)の署名のある貞享五(1688)年の具注暦、大和国だけで使われていた文化十(1813)年の「南都暦」などがあり、これらに記載されている曜日は全て現在の曜日に連続しています。

世界各国の曜日名

日本語では曜日の名前は天体名に由来しますが、英語では日曜・月曜・土曜は天体名、火曜から金曜までは北欧神話の神々の名がつけられています。Tuesdayは軍神ティルの日、Wednesdayは最高神オーディンの日、Thursdayは雷・農耕の神トールの日、Fridayは美と愛の女神フレイアの日であり、ドイツ・オランダ・ノルウェー・スウェーデン語など北欧では一般にそうです。

一方、フランス・スペイン・イタリア語などラテン系では日曜(主の日)と土曜(安息日)はキリスト教にちなむ名前で、他は天体名です。フランス語のlundi、mardi、mercredi、jeudi、vendrediはそれぞれ月ルナ(ダイアナ)、火星マルス、水星メルクリウス(マーキュリー)、木星ジュピター(ゼウス)、金星ビーナスに由来しています。中国やイスラム系諸国(インドネシアからアフリカまで)では一般に、1、2、3……と番号が付けられています。またスラブ系ではいろいろな要素が混入されています。全てに天体名を使っているのはインド・タイ・日本・韓国など東アジア諸国ですが、古代ギリシャがそうであることは興味深いですね。Helios、Selenes、Areos、Hermeos、Dios、Aphrodites、Kronosは太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星の神であり、また天体を表します。

感染症をめぐる差別の歴史的構造 中川未来氏3月8日

産業革命後に発展した電信や蒸気船、鉄道といったテクノロジー、そして大陸や大洋間をつなぐインフラ整備により世界は急速に一体化が進みました。19世紀半ばから顕在化したグローバ…

成年後見制度は宗教にどのような影響を与えるのか 深水顕真氏3月2日

第三者が個人の法的な権利を代理する場合、従前の信仰行為はどのように担保されていくのだろうか。ここでは、昨年11月1日の第93回日本社会学会での研究発表をおこなった拙論「成…

現代日本社会と女性教師 丹羽宣子氏2月19日

現代日本社会は大規模な変化の只中にある。人口減少社会の到来や過疎化の進行は寺院の存続に密接に結びつく問題であり、家族構造の変化は儀礼のあり方を変容させ、儀礼典礼を執り行う…

慈悲心浅き世相 共感の輪を広げないと

社説3月5日

情報氾濫、狭まる視野 バランス取れた発信の大切さ

社説3月3日

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加