PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

生命の根源から考える農学 ― 人間と自然の関係問い直す(1/2ページ)

龍谷大農学部長 末原達郎氏

2015年6月17日
すえはら・たつろう氏=1951年、京都府生まれ。京都大大学院農学研究科博士課程修了。農学博士。アフリカを中心に、世界各地の農村のフィールドワークで食料問題を研究する。同大学院農学研究科教授を経て、龍谷大農学部教授。著書に『人間にとって農業とは何か』『文化としての農業 文明としての食料』など。

龍谷大は今年4月、農学部を開設した。農学部の新設は、私立大学としては35年ぶりのことだという。むしろ私自身は、どうして35年間も新しく農学部がつくられてこなかったのか、と違和感を持っている。

それでは、35年間農学部がつくられてこなかった理由は、どこにあったのだろうか。私は、大きく分けて、二つの理由があったと考える。

一つは、1960年代以降現在に至るまで、日本の社会は工業化社会への道を邁進していたからである。しかも、工業化社会になると、農業は必要ないものと考えられたからである。もちろん、これは全くの誤解である。

実際には、50年代以降、日本の農村から多くの人材が都市部へと移動した。工業製品の生産者となり、あるいは、その販売のためのサラリーマンになるためである。さらに、都市の拡大と共にサービス業に就職する人々も増えた。

この時代、日本の社会は、たしかに農業を中心とした社会から工業を中心とした社会へと移行していったと考えられる。これは、経済的な側面だけでなく、人々の価値観においても、工業化が起こっていたと言えるだろう。

それでは、この時代、農業生産者はどうしていたのだろうか。当時、農民とか農家と呼ばれていた多くの農業生産者は、実は家業としての農業を捨てずに、兼業化への道を歩んでいったのである。すなわち、農家の中では、農業に従事する「かあちゃん」や「じいちゃん」や「ばあちゃん」と共に、サラリーマンとして働きに出る「とうちゃん」や息子たちが併存していたのである。

これは、農家独自の、工業化社会への適応であり、生き残り戦略だったのである。先祖伝来の農地を手放さずに農業を継続し、農業を省力化し、その一方でサラリーマンになり、あるいは出稼ぎに出かけることによって、農業以外の所得を得て、生活体としての農家の経済状態を維持するという戦略である。

実際、日本の農家は、60年にはサラリーマン世帯より所得が少なかったが、72年以降はサラリーマン世帯よりも収入が高くなっている。これは、農業による所得が増えたからではなく、兼業化により農外所得が増えたことによる。

一方で、60年代から始まり、現在にまで続く工業社会化という大きな社会変動の中で、農業は“格好悪い”ものとされていった。農村や農業から脱出し、都市生活者となり、サラリーマンとなることが、農家自身をも含めて多くの人々の生活や目標となり、そのような価値観が形成されたものと思われる。

一方、学問としての農学は、日本農業全体の衰退過程の中で、縮小傾向とはならなかった。多くの大学の農学部では、実学としての農業から離れ、サイエンスとしての農学に重心を移して、特化することで生き残りを図っていった。

しかも、最近になってサイエンス自体が、無生物を対象とした工学的サイエンスから、生物を対象とする農学的サイエンスへと徐々にシフトしてきたことにより、農学部はかえって拡張の可能性を増やしていったことになる。

たとえば農学部の中でも、バイオサイエンスに関わる研究分野が大きな期待を寄せられ、拡張されるようになってきた結果、農学部という名称そのものを、生物資源学部やバイオサイエンス学部、生命科学部へと、名前を変えてしまった大学も少なくなかった。

このようにして、農学は科学としての専門分化を進める一方で、現実の農業とのコミットを減少していったものと言わざるを得ない。35年の間農学部が開設されなかったというのは、こうした農学の農業離れ、生活離れの現象の一側面とみることができるだろう。

こうした一連の傾向に対し、龍谷大農学部は、全く新しい考え方から農学に挑もうと考えている。それは、人間の生命をその根源から考え、様々な生物の生命を詳しく学び、さらに多くの生命体と共にわれわれ人間の社会が共存し、存続していくことを実践的に考えることのできるような農学部の創設である。しかも、このことは、現代文明の中では、なかなか困難なこととなってきている。

感染症をめぐる差別の歴史的構造 中川未来氏3月8日

産業革命後に発展した電信や蒸気船、鉄道といったテクノロジー、そして大陸や大洋間をつなぐインフラ整備により世界は急速に一体化が進みました。19世紀半ばから顕在化したグローバ…

成年後見制度は宗教にどのような影響を与えるのか 深水顕真氏3月2日

第三者が個人の法的な権利を代理する場合、従前の信仰行為はどのように担保されていくのだろうか。ここでは、昨年11月1日の第93回日本社会学会での研究発表をおこなった拙論「成…

現代日本社会と女性教師 丹羽宣子氏2月19日

現代日本社会は大規模な変化の只中にある。人口減少社会の到来や過疎化の進行は寺院の存続に密接に結びつく問題であり、家族構造の変化は儀礼のあり方を変容させ、儀礼典礼を執り行う…

慈悲心浅き世相 共感の輪を広げないと

社説3月5日

情報氾濫、狭まる視野 バランス取れた発信の大切さ

社説3月3日

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加