PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

津村別院の明治維新(2/2ページ)

山形大地域教育文化学部教授 大喜直彦氏

2020年5月12日 09時07分
大阪府病院となる

明治2年(1869)2月には、大福寺(現、大阪市天王寺区上本町4丁目)に大阪医学校・仮病院を開設(適塾は明治元年閉塾)し、洪庵次男惟準が院長に就任。同年7月に仮病院は法円坂の代官屋敷跡(現在の大阪医療センター付近)に移転し「大阪府医学校・病院」となりました。これは現在の大阪大学医学部の前身なのです。翌年、除痘館が附属除痘館として併合されます。

明治6年(1873)2月、医学校は改組され大阪府病院となり、別院へ移転してきます。別院は本堂を除くほとんどの建物を病院に貸与します。この移転決定の詳細は不明ですが、この病院が適塾を母体とし、適塾が別院の元お隣さんという関係から考えれば、以前から別院関係者と洪庵との交流があり、それを基に貸与につながったと考えられます。

このように別院は医療機関としての役割を担うことになり、医療の近代化にも寄与していたのです。

大阪商法会議所、経済界と津村別院

さらに別院は大阪経済界の新たな動向にも巻き込まれていきます。明治11年(1878)8月、新時代を担う経済界指導者五代友厚、藤田伝三郎などにより大阪商法会議所が設立されます。これは疲弊した大阪経済の再繁栄を目的とした経済団体で、現在の大阪商工会議所の前身です。その第1回目の会議(第一次会)は、9月2日「西本願寺掛所(津村別院)ノ一堂」を議場として催されたのです。別院がなぜ初回の議場に選定されたのか不詳です。ただ別院が広い場所だからではないでしょう。大阪商人には真宗門徒が多く、その関係で選ばれたのではないでしょうか。商法会議所と真宗門徒の深い繋がりを示す事実として、3代目会頭には真宗門徒の田中市兵衛[大阪商船・双日]が就任しています。

そのほか、真宗門徒として大阪経済を発展させた経済人を一部指摘すると、広岡久右衛門[大同生命]、木原忠兵衛[双日]、伊藤忠兵衛[伊藤忠商事・丸紅]、久原房之助[藤田組・東京生命保険相互会社]など多くいます([ ]内は関係した代表的企業名を指す)。

ここから商法会議所、商人が真宗と深い関係にあることがわかるでしょう。このように別院は大阪の経済界とも強く結びついていくのです。

おわりに

幕末・維新期の日本史は、寺田屋事件、蛤御門の変、尊王攘夷、討幕派、佐幕派など、多く京都を舞台にしています。

しかし、実は大坂も歴史の最前線にあり、津村別院・寺院・門徒も、政治、文化、経済の近代化のなかに巻き込まれ、そのなかで、新しい時代に対応し現在の大阪を育てて行くのでした。この意味で大阪の歴史をみることは、京都中心ではない新たな歴史像もみえてくるといえるでしょう。

津村別院の現住所は、大阪市中央区本町4丁目1番3号。

【参考文献】
 本願寺史料研究所編『増補改訂本願寺史』第三巻、浄土真宗本願寺派、2019年
 前田徳水『津村別院誌』本願寺津村別院、1926年
 宮本又次「田中市兵衛」同編『上方の研究』第4巻、清文堂、1976年

語り継がれるもうひとつの神武天皇陵 外池昇氏2月29日

神武天皇陵3カ所 江戸時代において神武天皇陵とされた地が3カ所あったことは、すでによく知られている。つまり、元禄の修陵で幕府によって神武天皇陵とされ文久の修陵でその管理を…

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加