PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

米国での安居修行(1/2ページ)

曹洞宗興教寺副住職・横浜善光寺留学僧 浅摩泰真氏

2020年9月11日 14時50分
あさま・たいしん氏=1986年生まれ。曹洞宗興教寺(神奈川県厚木市)副住職。駒澤大仏教学部仏教学科卒。横浜善光寺留学僧育英会32期育英生。
◎修行という救い

今や禅(ZEN)は、世界の様々な分野から注目されている。あのスティーブ・ジョブズが禅(ZEN)の修行に励んでいたことは有名である。この禅(ZEN)に対する海外での印象は、「禅(ZEN)=日本」と言っても過言ではないだろう。

しかし、海外での印象がZEN=日本であっても、翻ってどれ程の日本人が禅に馴染んでいるだろうか。また曹洞宗の僧侶として「人々に禅を伝えている」と自信を持って言えるだろうか。禅の素晴らしさを人々に伝えるにはどうすべきかを逡巡していた筆者だったが、横浜善光寺留学僧育英会の留学僧として渡ったアメリカの禅堂で、その答えの一つを見つけることができた。苦悩する現代人にZENが救いとなっている現実を目の当たりにしたからだ。

◎タサハラ禅マウンテンセンター・禅心寺

「Zen Mind,Beginner's Mind.It is wisdom which is seeking for wisdom」(「禅心、初心。それは智慧を求める智慧である」)。これは、アメリカにZENを伝えた故鈴木俊隆老師の言葉である。鈴木老師が遺された融通無礙な教えに世界中の人々が導かれ、没後も老師の教えに身を任せようとする人々の流れは止まることがない。そして、その流れはカーメル渓谷に辿り着く。

サンフランシスコ都市部から4時間、険しいオフロードの先に、カーメル渓谷、郷愁漂う美しい茅葺き屋根の山門が現れる。放飼式動物園を思わせる厳重な自動扉が開き中へ進むと、紅葉や銀杏の木立が静謐さを醸しだす。禅堂や開山堂は日本建築。脇の小道に鹿やリスが姿を現し、奈良や鎌倉を彷彿とさせている。

◎鈴木老師の布教

鈴木老師は1959年に渡米し、日系アメリカ人が中心となって建立したサンフランシスコ桑港寺の住職になった。「毎朝、5時半から坐禅をしています。あなたもいかがですか」と書いた紙を寺の前に張り、ひたすら坐禅をし、布教を続ける中に、徐々に信者が増えていった。

62年には、坐禅修行に徹するための道場であるサンフランシスコ禅センターを設立。そして67年、カリフォルニア州タサハラにアメリカで最初の禅院となる禅心寺(タサハラ禅マウンテンセンター)を開いた。56歳でアメリカに渡り、68歳で亡くなるまで12年間、この僅かな歳月でアメリカにおける禅の基礎を築かれた。

◎在家者とともに修する安居

禅心寺は日本の禅道場と同様、禁足して90日間集中的に修行する「制中」が設けられている。筆者は秋安居に参加した。毎日6炷(1炷は約40分)の坐禅、朝昼晩の食事も坐禅で応量器で頂く。昼から夕方にかけては作務、堂長やプラクティスリーダーの法話、今回のテキストである「正法眼蔵山水経」を講義とディスカッション形式で学ぶ時間があった。希望者は袈裟や絡子を縫う指導も受けられる。また、月に1回約7日間の「摂心会」があり、食事も含めれば15炷の坐禅を行じる。

制中への参加は、基本的に各道場で半年以上の修行を経験した者が許される。日常の作法、禅道場特有のルールなど一定程度の理解が求められるのだ。しかし、換言すれば、一定の基準さえ満たしていれば、在家・出家者を問わず、制中に参加することができるのだ。3カ月もの期間を在家出家の枠を超えてともに仏道修行に専念できることは、ZENの世界に身を投じたい者にとって掛け替えのない場になる。

◎多種多様の修行者たち

世界各地から集まった32人の修行仲間は実に様々だった。年齢は20~70代。国籍はアメリカ、エチオピア、カナダ、ドイツ、フランス…そして日本。性別も世に知られているカテゴリーのほとんどを網羅していた。

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

《浄土宗開宗850年③》『選択本願念仏集』廬山寺本の研究から見える法然教学の深化 春本龍彬氏2月2日

浄土宗の開宗について、『法然上人行状絵図』の第6巻には、「法然上人は、…ついに『一心専念 弥陀名号 行住坐臥 不問時節久近 念念不捨者 是名正定之業 順彼仏願故…』という…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加