PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

宗教2世問題を考える(1/2ページ)

天理大おやさと研究所教授 金子昭氏

2022年9月6日 09時53分
かねこ・あきら氏=1961年生まれ。慶応義塾大大学院博士課程修了。博士(哲学)。専門は宗教倫理学、宗教人間論研究。著書に『驚異の仏教ボランティア』『現代における宗教批判の克服学』など。

安倍元首相銃撃事件の背景には、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の存在があることが明らかになった。この事件は、もしかしたら1995年の一連のオウム真理教事件(以下オウム事件)以上に、宗教教団全体に対する逆風となるかもしれない。この逆風は、オウム事件の時とは異なり、教団外部からだけでなく、教団内部からも吹き荒れる恐れがある。今後、舵取りを誤れば、宗教教団は大きな苦境に立たされることになろう。問題の核心にあるのは、いわゆる宗教2世の問題だ。本稿ではこの問題に焦点を当てて、信仰継承のあり方及び教団宗教の再生について考えたい。

オウム事件以上の逆風

今回の事件がオウム事件以上の影響を与える理由として、およそ3点挙げられる。

第1に、オウム事件の時は、日本社会が宗教教団全体への批判に向かいかねなかったが、この事件は明らかに逸脱したカルト教団による野蛮なテロリズムの所業であり、そうした批判を回避させることが比較的容易だった。しかし、今回の事件は、元凶は旧統一教会というカルト教団であるにせよ、政治との距離感についてや教団内での奉仕・献金の問題はどの宗教教団にも多かれ少なかれ存在するものであり、その点を突かれると、教団宗教バッシングを逸らせることは極めて難しい。

第2に、オウム事件の時は、それでも確かに外部(一般社会)からの逆風が強かったが、逆に各宗教教団は教団内部で団結して自己防衛に努めることができた。しかし、今回の事件では、むしろ内部からの告発、突き上げの声も大きく、教団内の指導層と信徒側とでの亀裂が引き起こされかねない状況である。とくに献金の負担という微妙な問題が顕在化すれば、これを機にどの教団も相当な献金・お供え減となり得る可能性があり、教団の縮小ひいては存続の危機に立たされるところも出てくるだろう。

第3に、オウム事件の時はまだ今日のようなネット社会ではなく、教団本部が教団内の情報を比較的統制しやすかった。いわゆる宗教2世の問題を含めた教団内の不満もあまり表面化しなかった。しかし、今回の事件では、SNSの普及によって従来のような情報の上意下達というわけにはいかなくなり、プラスの情報もマイナスの情報も同じように拡散している。人々の耳目を惹きやすいのは、内部告発のようなマイナス情報であり、これが教団の屋台骨を揺るがしかねない。

しかし逆に言えば、この事件を奇禍として宗教2世たちの声が大きく教団内外に届くようになり、それが内発的な自己改革へとつながるという期待も出てきたことだ。これまでの教団のあり方に風穴を開け、風通しの良い教団運営ができるようになれば、旧統一教会問題はどの教団にとっても「他山の石」となる。

実は古くて新しい問題

上述のことから見えてくるのは、宗教教団の内部問題である。カルト教団は家族全員での信仰を盾に取り、家族全体を閉ざされた関係性へと閉じ込めてしまう。旧統一教会は、家庭の団欒や平和を第一義に掲げながら、その実、過度な献金や奉仕のために家庭を犠牲にし、家庭を破壊してきた。家庭の団欒は言説ではなく、実態で評価すべきである。家族間で自ずと醸し出されるのが本物の団欒であり平和である。本来、神仏は超越的視座から人間関係を開かれた関係性へともたらす存在であることを、宗教者は常に心に銘記しておかなければならない。

宗教による家庭の過度な囲い込みに対して異を唱える。これが宗教2世問題である。巷間では、カルト教団の宗教2世問題ばかりがクローズアップされているが、この問題はもともと「家の宗教」化に伴う問題として、どの宗教教団にも共通する古くて新しい問題である。

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

《浄土宗開宗850年③》『選択本願念仏集』廬山寺本の研究から見える法然教学の深化 春本龍彬氏2月2日

浄土宗の開宗について、『法然上人行状絵図』の第6巻には、「法然上人は、…ついに『一心専念 弥陀名号 行住坐臥 不問時節久近 念念不捨者 是名正定之業 順彼仏願故…』という…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加