PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

人間には心の栄養も必要(1/2ページ)

シャンティ国際ボランティア会専門アドバイザー 大菅俊幸氏

2023年3月23日 09時42分
おおすが・としゆき氏=1950年、宮城県石巻市生まれ。駒澤大大学院修士課程仏教学修了。高校教員などを経てNGOへ。現在公益社団法人シャンティ国際ボランティア会専門アドバイザー、曹洞宗総合研究センター講師。著書『泥の菩薩』(大法輪閣)、『慈悲のかたち』(佼成出版社)。編著『仏教の底力』(明石書店)など。

記憶は、過去のものではない。それは、すでに過ぎ去ったもののことではなく、むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。とどまるのが記憶であり、じぶんのうちに確かにとどまって、じぶんの現在の土壌となってきたものは、記憶だ。(中略)じぶんの記憶をよく耕すこと。その記憶の庭に育ってゆくものが、人生と呼ばれるものなのだと思う。

長田弘『記憶のつくり方』より

あれから12年――。困難から立ち上がろうとする東北の人たちから学んだことは計り知れない。人間の優しさや強さを学び、助け合うことの美しさ、難しさも学んだ。少しでも未来を考えるための一助となればと願って私たちの記憶の庭を掘り起こしてみたい。

なぜ、図書館活動だったのか

私たちシャンティ国際ボランティア会は、東日本大震災の発災直後から現地入りし、調査を重ね、2017年まで6年間、被災地の支援活動に取り組んだ。岩手、宮城、福島に拠点を構え、緊急救援から復興まで活動は多岐にわたった。とくに今回、国内で初めて取り組んだのが図書館活動である。それはなぜだったのか。少し説明させていただきたい。

図書館活動は、当会が約40年にわたってアジア諸国で取り組んできた活動である。当会の活動の中心であり、特徴となっている。

1980年、カンボジア難民の支援活動を開始した当初、私たちは素人同然で、何から手掛けたらよいか分からない実態だった。それでも子どもたちに支援が届いていないことに気付き、ある日、絵を描かせてみた。すると驚いたことに、手を縛られて歩く人やリンチを受けて流血している光景などばかり。ポルポト政権時代、内戦状態にいた子どもたちは、そうした光景しか見てこなかったのだ。

ショックを受けた私たちは、この世界には素晴らしいものもたくさんあることを伝えたいと思って、美しい写真が掲載された図鑑や絵本を日本から手配して子どもたちに見せることにした。それが現在の図書館活動につながっている。

難民支援は食糧や医療の支援が常識と言われ、「なぜ本なのか」と、当時、各所からかなりの批判を受けた。そこで、心配したあるカンボジア人スタッフが子どもに尋ねてみた。「絵本とお菓子どっちがいい?」。すると、少し考えてから答えてくれた。「お菓子は食べたらなくなるけど、何回も楽しめるから絵本の方がいい」。人間には身体の栄養だけではなく、心の栄養も必要なのだ――。そのことに気付かせてもらった忘れがたい体験である。図書館活動の意義について確信を得た時であった。

走れ東北!移動図書館車がゆく

そのような背景があるので、東日本大震災の発災後ほぼ1カ月のころ、被災された方々の心のケアのためには、やはり図書館活動が必要ではないかと考え、現地入りして図書館の被災状況を調査した。すると、ほぼ壊滅状態となっており、図書館の復興などは後回しになることが予想された。

「こんな時だからこそ、今出会う本が一生の支えになると信じています。食べ物は食べたらなくなります。でも読んだ記憶は残ります。だから図書館員として本を届けていきたいのです」。気仙沼で出会った図書館職員の切実な声が私たちの背中を押した。こうして2011年7月、私たちは国内で初の図書館活動に踏み出した。陸前高田市を皮切りとして、その後、宮城、福島へと広げ、17年の7月まで続けることになる。

語り継がれるもうひとつの神武天皇陵 外池昇氏2月29日

神武天皇陵3カ所 江戸時代において神武天皇陵とされた地が3カ所あったことは、すでによく知られている。つまり、元禄の修陵で幕府によって神武天皇陵とされ文久の修陵でその管理を…

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加