PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

立教開宗700年のころの真宗教団(1/2ページ)

龍谷大教授 中西直樹氏

2023年5月22日 09時29分
なかにし・なおき氏=龍谷大文学部教授・本願寺史料研究所委託研究員。1961年生まれ。龍谷大大学院修士課程修了、筑紫女学園大准教授等を経て、2013年から現職。著書に『新仏教とは何であったか―近代仏教改革のゆくえ』『近代本願寺論の展開』『近代本願寺絵図と観光地京都』など多数。

3月以降、東西本願寺をはじめ真宗各派本山で、親鸞生誕850年・立教開宗800年慶讃法要が執行されている。立教開宗法要が執行されたのは、1923年の立教開宗700年法要が最初である。100年前、なぜ真宗教団各派は、立教開宗法要を修することになったのであろうか――。その背景と、当時の真宗教団の状況と課題について、歴史をひも解いてみたい。

大正の親鸞ブーム

18年に第1次世界大戦が終わり、景気は次第に悪化しつつあったが、いまだ好景気の余韻の残る翌年に和辻哲郎の『古寺巡礼』が刊行され、奈良・京都の社寺をめぐる観光旅行が大きなブームを迎えた。また大正期は、倉田百三の『出家とその弟子』(16年発表)をはじめ、親鸞を題材とする戯曲・小説などが多数発表され、一種の「親鸞ブーム」と呼ぶべき現象がおきていた。

各種旅行案内書も数多く発行されるようになり、奈良・京都は修学旅行先としても定着しつつあった。22年11月には、鉄道省が『お寺まゐり』という書籍を刊行した。その冒頭には、近畿圏の仏寺を紹介し、旅行者の参考とするために刊行したという趣旨が記され、さらに、本願寺派前法主の大谷光瑞の協力を得たことが記載されている。

この書籍は、翌年の法要を前に、本願寺参詣者と鉄道利用客を増やすため、鉄道省と大谷光瑞との間で企画・立案されたと考えられる。法要が始まると、毎日地方から5万人の団体参詣者が京都駅を訪れたという。

法要では、「参詣」よりも「観光」を目的とする参集者が増えたと考えられる。また、時代の変化に対応して、法要の内容・形式も大きく変更された。

その第一には、この法要に際して真宗各派の連合組織である真宗各派協和会が組織され、その協調体制のもとで実施された点を挙げることができる。各派の法要は、大谷派が4月9~15日、興正派が11~17日、木辺派が14~18日、佛光寺派が15~18日、本願寺派が15~21日まで修したが、各派連合主催による新たな行事も数多く実施された。

そもそも真宗各派の連合組織は、1900年10月に妙心寺で各宗管長会議が開催された際、誠照寺派管長の二條秀源の提案を受けて、同年12月に大日本真宗各派同盟倶楽部として発足したのが最初であると考えられる。しかし当時は、仏教公認教運動や宗教法案への対応をめぐって大谷派と本願寺派が激しく対立しており、本願寺派と木辺派とが参加を見送った。このため、翌01年4月、真宗8派による大日本真宗同盟倶楽部が建仁寺で発会式を挙げたが、自然消滅していったようである。

その後、21年10月、立教開宗を迎えるのを前に真宗各派の重役会が開かれて真宗各派協和会が発足した。15年には、仏教各宗派よる大日本仏教連合会も発足しており、真宗各宗派内にも協調の機運が生じつつあったのである。

協和会では、協議の結果、法要に際して、真宗宗歌の制定、児童絵本『親鸞絵ばなし』の作成、京都市公会堂での連合講演会の開催、団体参拝への対応、各派協同の法要ポスターの作成と配布などを決定した。

このうち、京都市公会堂での連合講演会は、4月中旬に4日間にわたって開催され、境野黄洋・梅原真隆・村上専精・高楠順次郎・藤岡勝二・羽溪了諦・山辺習学らが講演した。また15日午前には各派連合旗行列が実施され、京都4本山関係地の小学生・各派日曜学校生徒ら2千人が真宗各派協和会のマークを染めた小旗を持って、東本願寺から興正寺・西本願寺、佛光寺までを行進した。同日夜には、大谷大学・龍谷大学・大谷中学・平安中学の学生数千人による提灯行列が行われた。

語り継がれるもうひとつの神武天皇陵 外池昇氏2月29日

神武天皇陵3カ所 江戸時代において神武天皇陵とされた地が3カ所あったことは、すでによく知られている。つまり、元禄の修陵で幕府によって神武天皇陵とされ文久の修陵でその管理を…

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加