PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

悲しみへの共鳴から 自然体の“グリーフケア”(1月19日付)

2024年1月24日 09時37分

宮城県南三陸町の民宿「未希の家」は、東日本大震災当時、警報発令下に町職員として防災対策庁舎から最後まで町内無線で住民に避難を呼び掛けながら建物をのみ込んだ巨大津波によって同僚と共に亡くなった遠藤未希さん=当時(24)=の母・美恵子さん(65)が営む。この娘への思いがこもった宿は今、そこを訪れる悲しみを抱える多くの人たちにとって自然体の癒やし、ケアの場になっている。

未希さんは当時、世帯を持って間がなく、母娘は前日に半年後の披露宴でのドレスの相談をしたばかり。突然に襲った惨劇に美恵子さんは希望を失ったが、「何かしていないと生きていく気が起きない」との思いで3年後に開業した。高台に建てたこぢんまりした宿は「娘が戻ってくるわけではないけど、せめてもの供養に」と母が切り盛りし、全国から来訪がある。

1日に1組と決めた宿泊客には、母は未希さんのことを「問われれば話す」ようにしているが、今も涙で詰まることが多い。各地からの客には事情を知らない人ももちろんいるが、食堂に飾られた未希さんの似顔絵を見て尋ねることもよくある。美恵子さんは決して震災の「語り部」ではなく、あくまで自分の家族を襲った理不尽な出来事を振り返り、思いを言葉にするだけだ。

だが、その「母の語り」を聴いて大切なものを失った心の痛み、悲しみや苦しみに共感、いや共鳴するのだろうか、自分のつらい体験を話す客が増えてきたという。決して「傾聴」などという洗練されたものではないが、自らの悲しみをぽつぽつ口に出す人に美恵子さんはうんうんと相づちを打つ。

「ほかにお客がおらず気持ちがゆっくりするのと、他人だから話しやすいのでしょうか」という。

遠方から何度か訪れた初老の客は、身内が不慮の死を遂げた上に、長年連れ添った配偶者と死別した。当初、美恵子さんに対して「しんどいのはあなただけじゃない」という姿勢だったが、ある時、その配偶者のことを切々と訴え、声を上げて泣きだした。美恵子さんはやはりうなずき、じっくり聴いた。「ただ傍にいるだけ」だったが、このような人たちには大きな安らぎになることだろう。

背景には、美恵子さん自身、地域で多くの犠牲者が出ている中で自らの娘のことについて胸の内を誰かに聴いてもらうことがずっとはばかられたという経験がある。同様の「悲嘆の共鳴」は被災地のほかの場所でも耳にする。そこでは、いのちへの共通の深い思いが互いの自然な支え合いを生んでいるのだといえよう。

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)2月20日

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職…

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)2月16日

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっ…

総長演説に立つ服部秀世宗務総長

ホテル事業、外部委託検討 曹洞宗議会で総長方針示す 建て替えの必要性も指摘

ニュース2月22日

新しい「領解文」焦点に 本願寺派宗会28日に招集 賦課基準なども議論

ニュース2月22日

新しい「領解文」 「宗派学習会での意見公開を」委員から要望の声 本願寺派常務委予算補正など承認

ニュース2月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加