PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

標語の言葉の力 行いに裏打ちされてこそ(1月24日付)

2024年1月26日 09時12分

広島市の真宗大谷派超覚寺は、はっとする掲示板標語で知られる。「行き先が決まれば行き方も決まる。往き先が決まれば生き方も決まる」「辛いことが辛いと言えない辛さ」――。これらの言葉に人の心に訴え掛ける深い力があるのは、実は宗教者としての行いという内実が力となっているからだ。

様々な文献や発言からも引用して毎日、新たな標語を掲げる和田隆恩住職の気に入りは「仏の顔は何度でも」。これは、困っている人に僧侶として寄り添うに当たって、決して逃げずに苦しみを共にする姿勢を物語っており、現に寺では自死遺族らの分かち合いの会などの活動を何年も続けている。

夫を亡くした女性の「和の集い」でも、住職は聞き役で何人もの参加者が胸の内を語り合う。悩みを自分だけにしまい込んで孤立する人が「自分の話を誰かに聴いてもらう、誰かの話を聴かせてもらう、それによって悲しみが癒やされる」と和田住職。そこでも、それまで人に言えなかった苦しさを口に出すことによる言葉の力、そして「自分だけじゃない」と感じられる「共苦」の力が働く。

住職がその場であまりしゃべらないのは、僧侶が発言すると“正解”のように取られてしまってよくないからだという。同様に標語も、あえて解釈や説明を付けないのは、人によっていろんな受け取り方があっていいと考えるからだ。「見た人に自分で考えていただきたい。自分の境遇にどう向き合うか、自分をどう保ち整えるか。世の大きな苦は簡単になくせはしないが、苦の質を変えていくことができればいい」とも。

元々、サラリーマン時代に仕事に行き詰まり自死を考えた際に出会った寺の掲示板の標語「人生に花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ」というアントニオ猪木さんの言葉に肩の力が抜け、和尚さんと接して楽になった経験が、仏教者を志すきっかけであり標語作りの動機でもある。

自らもそうされたように、聴いた他者の苦悩を阿弥陀仏に伝える「バケツリレー」が僧侶の仕事と心得る。「僧侶は仏の法施の代行者。掲示板などの言葉も辻説法の法施です」。そして仏教の目的は無畏施、つまり人々の恐れを取り除いて安らぎを与えること、その手段として法施があると考える。

「仏の顔は何度でも」と人を安らかにする言葉の力を引き出すのは、発した側の行い、受け取る側の共感だ。それは普段でも、そして例えば能登半島地震で早速苦の現場に駆け付けた宗教者たちが困っている被災者に寄り添いながら掛けている言葉でも同じことだ。

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)7月10日

学徒出陣で海軍に入隊して戦艦「大和」に乗り組み、沖縄戦で米機動部隊の圧倒的な襲撃の末、沈む巨艦の大渦流の中から奇蹟的に生還、『戦艦大和ノ最期』を執筆した吉田満氏は、後に「…

専門道場の問題について話し合った僧風刷新会議

専門道場数の適正化協議 妙心寺派僧風刷新会議 掛搭者減少・法式作法修得に問題 「減らす」議論に慎重意見

ニュース7月18日

信者数の大幅減続く ドイツカトリック 若者の教会税忌避 教会離れに性的虐待スキャンダル

ニュース7月18日
「声を聞き、声に生きる」と述べる木越宗務総長

【特報】真宗大谷派宗会 能登支援・災害対策で質疑 /施政方針演説 「宗門史上最大級の被災」 発災翌日に救援本部始動/男女両性で形作る教団 取り組み進まず落胆 教師養成、遠隔化は可能か

ニュース7月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加