PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

温暖化解決への道 気候問題に関与する宗教(2月2日付)

2024年2月7日 10時45分

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで昨年11月30日から12月13日まで開催された第28回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP28)には締結国198カ国などが参加し、日本からは岸田文雄首相が首脳級会合に出席。我が国の気候変動対策を紹介する日本パビリオンも現地に設けられた。

バチカンの教皇フランシスコは2015年の回勅「ラウダート・シ」以来、環境問題について積極的に発言しているが、COP28を前に環境問題に関する「使徒的勧告」を発表した。ドバイでの会議に先立って11月上旬には、同じUAEのアブダビで「気候変動対策に関する世界宗教指導者サミット」が開催されている。イスラム長老評議会の主催で、各宗教の代表が出席し、「アブダビ宗教間声明」をまとめた。サミットの成果を踏まえ、COP28に宗教者パビリオンを初めて設けることになった。

期待されたCOP28だが、化石燃料との決別を強く宣言するには至らず、世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて1・5度以下に抑えるというパリ協定(15年)の目標に向けて順調には進んでいない(オントラックではない)ことが、残念ながら確認された。

資源エネルギー庁ウェブサイトのリポート(23年12月28日)によると、COP28の決定文書では、温室効果ガス排出削減のため、世界全体で30年までに再生可能エネルギー発電容量を3倍に、省エネ改善率を2倍にすることを目指し、化石燃料から再エネ、原子力等への移行を進めることなどが明記された。

気になるのは、原子力発電への依存度拡大が気候変動対策の重要な柱になりそうな点。COP28では、50年までに原子力発電能力を3倍にするというアメリカ提案に日本など22カ国が賛同した。

米国提案の背景には、化石燃料に依存して維持している快適な生活スタイルを変えたくないという発想がある。

福島第1、チェルノブイリなどの深刻な事故や使用済核燃料処理といった難題をよそに、原発拡大を唱えるところには「今さえ良ければ」のエゴが露骨に現れる。問われているのは単に電力確保の技術的問題だけではなく、我々自身の生活のスタイル、生き方の問題でもあるのだ。

その意味でも、COP28で宗教指導者サミットや宗教パビリオンの開設など、温暖化対策への宗教者の関与をアピールする動きがあったことは注目したい。宗教者自らさらに積極的に発言をしてゆくべきだろう。

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)2月20日

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職…

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)2月16日

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっ…

宗教教団の公共性について解説する大谷教授

宗教教団の「公共性」とは 国際宗教研70周年シンポ 社会との関わり議論

ニュース2月27日
参列者と共に祈願する山伏ら

除災招福を祈願 出羽三山神社・大江戸山伏勧進 通常開催は4年ぶり

ニュース2月27日
施政方針演説で「効率的で無駄のない遠諱事業を目指す」と語る野口宗務総長

「微妙大師遠諱事業、効率的に」 野口総長表明 10億円予算案上程 妙心寺派定宗 議長・細川氏、副議長・石川氏

ニュース2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加