PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

寺の後継者問題 進む格差と女性の進出(2月7日付)

2024年2月9日 10時24分

人口の都市集中による過疎化と少子高齢化の進行が我が国の仏教界に寺院消滅と後継者不足の二重苦を与え、従来通りの寺院運営を困難にしている。そのことを裏付けるように、曹洞宗は過去20年間で年間得度者が半減したとの衝撃的な調査結果を公表した。後継者難への対応にも変化が見られ、これまで息子のいない寺院は男子を養子に迎え、また婿取りで後継者を確保するのが通例だったが、今日では寺で生まれた娘が後継ぎを目指して教師資格を取得するケースが増えている。

人口減による深刻な人手不足を乗り切るためには省人化による社会・経済システムの再構築しかなく、ロボットやAIの出動はもとより、あらゆる部門でテクノロジーを駆使する努力が求められ、外国人労働者の受け入れも避けて通れない選択肢になると指摘されている。だが、寺の後継ぎをロボットやAIで代替するわけにはいかないし、できるわけもない。

日蓮宗の現代宗教研究所が行った女性教師アンケートでは、20代で度牒(出家得度の証明書)を受けた人が前回調査と比べ全体の13%から22%に増加したとの結果である。出家動機の55%が「寺の後継」であり、婿取りにこだわらず自ら住職になろうとする寺の女性が増えていることを示すものだ。他宗派でも寺に生まれた女子の尼僧志願や僧侶養成コースのある宗門大学への進学を志望する者が増えている。一方、修行僧が減って僧堂を閉じた曹洞宗富山専門尼僧堂の堂長は「これからは男女同安居で修行するのが良いのではないか」と語っており、尼僧を含め僧侶養成の前途は厳しい。

後継者問題は経済事情とも深く関係している。安定した寺院運営ができるのは3割程度で、多くは法務や檀務だけで生活を維持することは難しいといわれている。やむなく兼職せざるを得ないのが実情だが、兼職事例として一般的な教員や、そのほかの職業でも、法務や僧侶資格の取得を理由に、まとまった期間職場を離れ、休職するのは難しい現実がある。

地方寺院の住職は「息子がこの寺を継いでも生活はできない。私の代で世襲をやめると言えばいつでも終わる」と語っている。地域に歴史を刻んだ寺の存続は住職の一存で決められる話ではない。空き寺となれば維持管理の問題も残る。大きく見れば寺院間の地域格差、経済格差の問題であり、現実的には女性僧侶の活躍という課題にどう対処するかが問われている。道を開くためには、男性優先の僧侶養成システムの改善は避けては通れないだろう。

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日
大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

ニュース6月13日
真言宗寺院の管長晋山式で挨拶する門川氏(市長在任中)

教師志し金光教学院へ 前京都市長「悩める人救いたい」

ニュース6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加