PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

2024年2月16日 09時10分

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっている。

過去の史料をデジタル化し、多くの人が参照できるようにすることは、文化の継承にとって重要な作業である。それは継承してきた貴重な情報の保管であると同時に、過去の過ちを繰り返さないための警鐘としての役を持つ。

とはいえ、全ての過去の史料やデータをデジタル化することが困難な場合もある。そのときは選択しなくてはならない。その作業を誰が担当するか。この点を軽んじると、せっかくのデジタルアーカイブ化に弱点が生じてしまう。宗教に関わる出来事の記録もまたデジタルアーカイブが必要になる。その際の判断は、社会的にはまだおぼつかない状況である。宗教研究者や宗教界にとっては衝撃的とも言える例を一つ挙げる。

2022年11月に、ある学生がオウム真理教解散命令事件に関する東京地裁の全記録が破棄されていたことを「ツイッター(現X)」に投稿した。オウム真理教関連の事件を調べていて、地裁に資料請求したところ、06年3月に破棄されていたことが分かったという。民事事件の地裁記録は5年経過すれば破棄してもいいので、違法ではない。史料的価値の高い記録は期間満了後も保存し、「特別保存」することを義務付けているが、その判断は裁判所である。

また23年には、神戸家裁が1997年に起きた連続児童殺傷事件の全記録を、保管期限が過ぎた後に廃棄したことが明らかになった。これは弁護士によって指摘された。これらには何が重要な史料か、後世に伝えるべき事柄は何かの観点が決定的に欠けている。

紙の保存には広い保管用スペースと多大な労力が必要になる。重要でない史料は一定期間の後の破棄も、ある程度はやむを得ないだろう。デジタルアーカイブ化は残せる史料を大幅に増やすが、残すかどうかの判断をする人間の側にそれに対応したリテラシーが備わっていなければ、せっかくの新しい技術が十分生かせない。

宗教に関わる出来事には、残したいものもあれば、忘れたいものもあろう。だが、忘れたいものの中には、将来への教訓が含まれている。宗教が生み出した大事なものを伝えていくと同時に、宗教活動がもたらした負の面にも目を背けず、向き合う姿勢が大事である。宗教団体がデジタルアーカイブ構築に取り組むときも、その点は肝に銘じておかなければなるまい。

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)4月17日

人生は学びと共にある。生まれてから死に至るまで、人は学びつつ成長する。その学びを助けるのが宗教であり、宗教もまた、人として、正しく、幸せに、他者と共に和して生きることを学…

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)4月12日

東日本大震災から13年が経過した。毎月命日に犠牲者遺族のケアの集まりを続ける宮城県石巻市の住職は、震災当時、檀家だけで180人の死者を葬儀で送ったが、「それは決して人数の…

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)4月10日

コロナ禍は宗教集団にとっても厳しい時期だった。宗教活動では共に集うこと、他者と場を共にすることがいかに重要かを思い知ることになった。オンラインで交流の機会を持つなど、工夫…

上田前貫首㊧から払子を拝受する風間貫首

立本寺、風間貫首が晋山 日蓮宗本山 「法器育成に尽力」

ニュース4月18日

倫理・環境問題解決へ 生長の家、新たな布教方針策定

ニュース4月18日
祭典の終盤に教団を代表して挨拶する岩﨑教務総長

能登の早期復興願う 金光教本部で天地金乃神大祭 1.5万人、神恩に感謝 岩﨑教務総長 神様の物差しで生きる大切さ強調

ニュース4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加