PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

2024年2月20日 10時07分

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職らが目指す「浄土宗災害支援ネットワーク」構築はまさにそれで、東日本大震災やその後の災害での豊富な経験と教訓を踏まえて、非常時に迅速な対応ができる人材育成と組織整備を進める。

馬目副住職は「被災地で支援の中心的役割を果たすのはその地の被災者であることが多く、それは大きな負担なので外部からの迅速なサポートが不可欠」と指摘。浄土宗ともいき財団の助成も受け、宗内各地で「災害支援アドバイザー」となる僧侶養成に取り組む。

平時には各地の有志の僧侶や寺族と定期的に研究会や情報交換を実施し、防災専門家を講師に行政などとの連携も視野に入れた研修会も開いた。メンバーが自坊で防災備蓄を進め、各地の実際の災害時に現地調査と支援を行うなど実行力も身に付けている。能登半島地震でもそれが成果を生んだ。

背景には、震災での復興支援と仮設住宅での訪問傾聴サロンなどの蓄積があり、2019年の台風被害を機に地元のNPOや社会福祉協議会、各種団体と連携して情報共有と防災対応を充実するために「災害支援ネットワークIwaki」を率先して組織し、水害などでも即応の実動部隊として活発に活動した積み重ねがある。

「普段していないことは非常時にもできない。経験と幅広い連携・協力、そして万全の準備が防災の鍵」と言い、今後は宗内全体に定着させていきたい考え。災害時に全国規模の寺院と僧侶の連携網を生かせば素早く的確な支援につなげることができ、直ちに被災状況を確認し、災害の規模により必要な資材・食料・人的支援を話し合い、早期に適切な支援を被災地の周辺から行うことが可能になるという。

例えば各寺院で備蓄していると他地域で発災した際にそれを集めればまとまった支援物資となるが、それを事前に把握していなければ使いようがなく、管理し状況を判断できるスキルを持つ人材が決め手になる。

「過去の災害でも寺は地域のランドマークとして避難所になり、傾聴などで僧侶への期待があることを実感する。命と心の拠り所の寺院を管理する我々は、災害が頻発する時代にその期待に応える努力をしなければいけない」と語る副住職は、大規模災害時に社会の期待に対して何が行えるか仏教界が試されていると考えている。

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)4月17日

人生は学びと共にある。生まれてから死に至るまで、人は学びつつ成長する。その学びを助けるのが宗教であり、宗教もまた、人として、正しく、幸せに、他者と共に和して生きることを学…

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)4月12日

東日本大震災から13年が経過した。毎月命日に犠牲者遺族のケアの集まりを続ける宮城県石巻市の住職は、震災当時、檀家だけで180人の死者を葬儀で送ったが、「それは決して人数の…

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)4月10日

コロナ禍は宗教集団にとっても厳しい時期だった。宗教活動では共に集うこと、他者と場を共にすることがいかに重要かを思い知ることになった。オンラインで交流の機会を持つなど、工夫…

上田前貫首㊧から払子を拝受する風間貫首

立本寺、風間貫首が晋山 日蓮宗本山 「法器育成に尽力」

ニュース4月18日

倫理・環境問題解決へ 生長の家、新たな布教方針策定

ニュース4月18日
祭典の終盤に教団を代表して挨拶する岩﨑教務総長

能登の早期復興願う 金光教本部で天地金乃神大祭 1.5万人、神恩に感謝 岩﨑教務総長 神様の物差しで生きる大切さ強調

ニュース4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加