PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

肌身で知る 直接対話と体験の重要性(3月1日付)

2024年3月6日 10時20分

SNSの普及で人と人との直接的な対面交流の希薄化が憂慮されている。ネット空間での間接的な情報交換や非対面交流が日常化することは、人と向き合ってコミュニケーションを交わす能力を鍛える機会が減ることを意味する。その結果、対人恐怖を覚える青少年が増え、人間同士がナマでぶつかり合う場所に出ることを恐れ、相手との間に自分から壁をつくり、面と向かって会話することを回避する傾向に陥っているという。

自分の意思や感情を直接相手にぶつける経験がなくなると、相手とのやりとりで働かさなくてはならない意識や心理のコントロールが未成熟なまま、人間関係を悪化させる結果を招く。対面での交流を欠いた精神的不完全燃焼が、匿名性の高い間接的な関係性を前提とするネット空間で解放されると、リアルな対人空間で抑圧されていた意思や感情が奔放さを求めて噴き出し、それに対する共感と反発の感情が押し寄せて「炎上」と呼ばれる現象をネット空間にもたらすことにもなる。

対人関係に伴うコミュニケーション能力は、生きる上で必要不可欠な生活技術と言ってよい。その技能を鍛えるためには、どうすればいいだろうか。現実的にどんな方法があるかを考えるとき、地域の公共財として歴史を重ねてきた寺院という存在の活用に思いが及ぶ。寺と檀信徒との関係が密接であった時代には、親は子どもを連れて寺に参詣し、子どもは寺の歴史あるたたずまいや伝統行事に参加して、寺という空間の独特の雰囲気や見ず知らずの老若男女と同じ時間を過ごす機会を持った。そこで営まれる非日常的な催しに参加することで、目の前に展開される対人関係のありようを直接学ぶことができた。

近代化した地域社会にあって、古い制度や仕組みを維持している寺で特別な空気に触れることには意味がある。子どもは古くから伝わる法要や、現代社会の仕組みとは異なる作法で営まれる儀式に引き込まれ、異次元の世界を肌身で感じることになる。そうした未知の時間と空間の中で自分というものを再確認するひとときは、人間を原初の感性へ導く重要な機縁となるだろう。

パソコンやネットを介した仮想現実や疑似体験の蓄積からは、パソコンやネット空間から刺激を受けて神経が感知した現実認識しか得られず、生命体としていびつな成長を促すことにならないだろうか。それが人間形成の上にどう作用し、どのような結果をもたらすのかが未知の領域であるなら、なおさら懸念すべき問題である。

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)7月10日

学徒出陣で海軍に入隊して戦艦「大和」に乗り組み、沖縄戦で米機動部隊の圧倒的な襲撃の末、沈む巨艦の大渦流の中から奇蹟的に生還、『戦艦大和ノ最期』を執筆した吉田満氏は、後に「…

専門道場の問題について話し合った僧風刷新会議

専門道場数の適正化協議 妙心寺派僧風刷新会議 掛搭者減少・法式作法修得に問題 「減らす」議論に慎重意見

ニュース7月18日

信者数の大幅減続く ドイツカトリック 若者の教会税忌避 教会離れに性的虐待スキャンダル

ニュース7月18日
「声を聞き、声に生きる」と述べる木越宗務総長

【特報】真宗大谷派宗会 能登支援・災害対策で質疑 /施政方針演説 「宗門史上最大級の被災」 発災翌日に救援本部始動/男女両性で形作る教団 取り組み進まず落胆 教師養成、遠隔化は可能か

ニュース7月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加